ワイヤレスプリンティングセンター

用語集

用語 A - E

802.11 詳細を読む

802.11および802.11xとは、IEEEがワイヤレスLAN(WLAN)技術用に開発した仕様群です。802.11とはワイヤレスデバイスとベースステーション(アクセスポイントまたはルーター)、あるいは2つのワイヤレスデバイス(アドホックネットワークのような)間での無線インターフェイスを指定します。802.11の仕様例を挙げると、802.11b、802.11g、802.11n や802.11acがあります。

アクセスポイント 詳細を読む

アクセスポイントは電波の送受信に使用し、ワイヤレスデバイスがネットワークに接続できるようにします。ワイヤレスデバイス(プリンターやラップトップコンピュータなど)はアクセスポイントを通じてネットワークに接続できます。多くのルーターにはアクセスポイントがビルトインされており、”ワイヤレスルーター”と呼ばれることがあります。

アドホック 詳細を読む

アドホックネットワークとは、コンピュータやプリンターのような、独立したネットワークへ接続されているデバイスのグループを言います。アドホックネットワークはワイヤレスルーターを使わないため、デバイスはインターネットへは接続できません。デバイスがワイヤレス機能を持っている場合、ワイヤレスアドホックネットワークを作成できます。また、Ethernetケーブルを使うこともできますが、クロスオーバーケーブルと呼ばれる特別なケーブルが、デバイス・ツー・デバイス接続には必要です。

AES 詳細を読む

高度暗号化基準(AES)は、アメリカ国立標準技術研究所が採用している正式な暗号化方法で、世界中で使用されています。ワイヤレスネットワーク上で最新で最も安全なデータを暗号化する方法です。WPA2とも呼ばれます。

自動IPアドレス 詳細を読む

ネットワークデバイスにDHCPルーターによりIPアドレスが割り当てられていない場合、あるいは、IPアドレスが手動または固定IPアドレス割当で割り当てられた場合、デバイスは自身にIPアドレスを割り当て、一般的に自動IPアドレスと呼ばれます。自動IPアドレスは169.254.0.0 から169.254.255.255の間になります。

チャンネルオーバーラップ 詳細を読む

ワイヤレスネットワークトラフィックが激しいエリアに住んでいる場合、あなたのネットワークが使用しているチャンネルに近いワイヤレスチャンネルを使っている、他のワイヤレスネットワークが存在する場合があります。5チャンネル内に2つのチャンネルがあると、これはチャンネルオーバーラップと呼ばれます。例えば、あなたのワイヤレスネットワークがチャンネル6を使っており、近所の方がチャンネル4を使っているとします。この場合、あなた(およびご近所の方の)のネットワーク性能を下げます。一番近いチャンネルから、少なくとも5(またはそれ以上)チャンネル離れるのが理想的です。上記の例だと、チャンネル9、10または11を使うことができます。ほとんどのルーターは、あなたのワイヤレスネットワークで使用するチャンネルを手動で選ぶことができます。

既定のゲートウェイ 詳細を読む

ゲートウェイとはネットワーク上のアドレス(例えば、ワイヤレスネットワークルーターのメインIPアドレス)で、その他のネットワーク(例えばインターネット)へのアクセスポイントとして動作します。既定のゲートウェイを使って、ブラウザのアドレスバーに既定のゲートウェイアドレスを入力して、ワイヤレスルーター構成ページへアクセスできます。

DHCP 詳細を読む

ダイナミック・ホスト構成プロトコル(DHCP)とは、ルーターからIPアドレスを取得するために、ルーター、コンピュータやプリンターのようなデバイスが使用するネットワークプロトコルで、これにより、ネットワーク上でそのようなデバイスが通信できます。

ダイアルアップ 詳細を読む

自宅の既存の電話回線を使うインターネット接続方法で、最も遅いデータ転送方法です。ダイアルアップモデムが使用中の場合、電話は使用できません。

DSL 詳細を読む

デジタル加入線(DSL)とは、オンラインアクセスを提供するケーブルインターネットと競合する高速インターネットサービスです。DSLはダイアルアップサービスのような標準メタル電話線で運営されますが、ダイアルアップよりも何倍も高速です。ダイアルアップよりも高速であることに加え、DSLは電話サービスと共存でき、ユーザーはネットワーフと電話使用が同時にできます。

ダイナミックIPアドレス 詳細を読む

ダイナミックIPアドレスは、DHCPサーバーにより、ネットワーク上のデバイス(一般的にネットワーク上のルーター)に割り当てられます。デバイスがネットワークから接続解除されると、再接続時にDHCPサーバーより異なるIPアドレスを取得できます。これにより、DHCPサーバーがユーザー干渉することなくIPアドレスのプールを管理できます。

暗号化 詳細を読む

暗号化は不正なユーザーからワイヤレスネットワークを守る方法です。オプションですが、強く推奨されます。暗号化方式を取り入れることで、パスワードまたはキーを使用し、ワイヤレスネットワークで送信される全てのメッセージがコード化されます。あなたのネットワークの名前とパスワードを知っているデバイスだけが、ネットワーク通信を解読できます。暗号化の最も一般的なタイプはWEPとWPA/WPA2です。

Ethernet 詳細を読む

ネットワーキングケーブル(電話ケーブルと似ていますが、もっと厚い)で、デバイス(コンピュータ、プリンターなど)が高速ネットワークに接続できます。

Ethernetハブ 詳細を読む

ネットワーク上でEthernetで接続されたデバイス用の共通接続ポイントです。ハブには複数のEthernetポートが含まれます。データパケットが1つのポートに到着すると、他のポートへコピーされるので、ハブに接続された全てのデバイスが全てのパケットを表示できます。ハブとルーターの違いは、ルーターはデータパケットをルーターに接続された指定のデバイスへ送るので、全てのデバイスがそれを受信するわけではありません。

EWS 詳細を読む

埋め込みウェブサーバー(EWS)は、ワイヤレスルーターのようにデバイス内に存在するウェブサーバーで、デバイス設定の構成ができます。デバイスのEWSには、ウェブブラウザを開き、デバイスのIPアドレスをブラウザのアドレスボックス(ウェブサイトにアクセスするために通常URLを入力する場所)に入力するとアクセスできます。ほとんどのHPネットワークプリンターはEWSを持っています(プリンターホームページとも呼ばれています)。

用語 F-M

FIOS 詳細を読む

光ファイバーサービス(FIOS)は光ファイバーケーブルを使い、光のパルスを使ってデータを転送するデータ通信サービスです。

ファイアウォール 詳細を読む

あなたのプライベートネットワークやコンピュータへインターネット接続経由で送られる情報をフィルタリングし、外部のコンピュータで直接ネットワーク上のコンピュータと通信するのを防ぐためのソフトウェアプログラムやハードウェアデバイスのことです。ファイアウォールはネットワークやコンピュータの間を通る全ての情報を経由し、外部システムが通過しなければならない障壁の役目をし、ハッカーの侵入を防ぎ、パーソナルデータの流出を防ぎます。ほとんどのルーターはハードウェアファイアウォールを提供します。ソフトウェアファイアウォールはコンピュータへインストールされます。

ゲートウェイIPアドレス 詳細を読む

あなたのワイヤレスルーターのIPアドレスです。

高速ケーブル 詳細を読む

ローカルケーブルTV回線(電話線ではない)を使い、インターネットへ接続し、インターへっとへ継続して接続できるようにします。コンピュータがインターネットへ接続している間、電話を使用できます。

ハブ 詳細を読む

ハブとはネットワーク上のデバイスの共通の接続ポイントです。ハブには複数のポートが含まれます。データパケットが入力ポートに到着すると、全ての出力ポートへ送信されるので、ハブに接続された全てのデバイスが全てのパケットを受信します。ハブとルーターの違いは、ルーターはデータパケットをルーターに接続された指定のデバイスへ送るので、全てのデバイスがそれを受信するわけではありません。

インフラ 詳細を読む

ネットワークトポロジーの最も一般的なタイプで、”標準”とも呼ばれます。インフラネットワークはルーター、ハブやアクセスポイントを使い、ネットワーク上の異なるデバイスへ接続します。

IPアドレス 詳細を読む

IPアドレスとは、ネットワーク上のコンピュータ、プリンターやその他のデバイスを識別する連続した番号です。IPアドレスは通常、DHCPサービスからのローカルワイヤレスルーター(ネットワーク)によって発行されます。デバイスはワイヤレスルーターのIPアドレスと似通ったIPアドレスを提供されます。例えば、ワイヤレスルーターのIPアドレスが192.168.1.1である場合、プリンターには192.168.1.5というIPアドレスが提供されます。ネットワーク上のデバイスが同じIPアドレス形式を共有する場合、同じサブネット上にあると言えます。

IPCONFIG 詳細を読む

IP CONFIGとは、Windowsコマンドラインユーティリティで、実行中のマシンに割り当てられたIPアドレスの管理に使われます。その他のパラメタを使わず、コンピュータの現在割り当てられたIP、サブネットマスク、既定のゲートウェイアドレスを表示します。IP CONFIGはいくつかのコマンドライン(パラメタ)を切り替えます。例えば、”IPCONFIG/all"では様々なデータを表示し、これにはコンピュータ名(ホスト名)、Ethernet MAC アドレスとDNSサーバーアドレスが含まれます。

ISP 詳細を読む

インターネットサービスプロバイダー(ISP)とはあなたの自宅のインターネットサービスを提供する会社です。例を挙げると、ケーブル、DSLやFIOSインターネットサービスが挙げられます。

LAN 詳細を読む

ローカルエリアネットワーク(LAN)は、制限エリア内のネットワークデバイスを相互接続します。接続されたデバイスは、インターネット接続やネットワークプリンターを含む、ネットワークにより提供されるリソースを共有できます。

MACアドレス 詳細を読む

MACはメディアアクセスコントロールを表しています。ネットワーキングができる全てのデバイス(コンピュータ、プリンター、ルーターなど)は、ネットワーク通信で使用するために、メーカーによって固有のシリアル番号が付与されます。

混合ネットワーク 詳細を読む

Ethernetとワイヤレス接続で構成されるネットワークです。

モデム 詳細を読む

モデムはインターネットプロバイダーのサービスとの接続を確立・維持し、ルーターから送受信する信号を適切に変換します。インターネットサービスプロバイダーは、インターネットへ接続する様々な方法を提供しています:ダイアルアップ、高速ケーブル、デジタル加入線(DSL)やFiOS。

用語 N-Z

ネットワークアダプター 詳細を読む

ネットワークアダプターはネットワークへのコンピュータのようにデバイスを連結します。”アダプター”という言葉は、PC用のEthernetアドインカードへの参照として元々有名になりました。モダンネットワークアダプターハードウェアはいくつかの形式で存在します。ほとんどのラップトップコンピュータ用のワイヤレスネットワークアダプターギアは、統合回路チップとして埋め込まれています。HPネットワークプリンターの中には、Ethernetとワイヤレスアダプターの両方を持つものもあります。

ローミング 詳細を読む

ローミングにより、接続が切断されることなく、移動中のワイヤレスデバイスがネットワークに確実に接続したままになります。

セキュリティソフトウェア 詳細を読む

セキュリティソフトウェアは、情報セキュリティを強化するためのコンピュータプログラムのことです。

SSID 詳細を読む

サービスセット識別子(SSID)は、特定の802.11x ワイヤレスネットワークを識別するユーザー指定名です。

固定IPアドレス 詳細を読む

固定IPアドレスは、デバイスがDHCPサーバーを提供するルーターへ接続されても変更されない、手動で割り当てたIPアドレスのことです。

TKIP 詳細を読む

一時キー統合プロトコル、すなわちTKIPは暗号化方法の1つで、既存ハードウェアを置換することなくWEPを代替する手法として設計されています。WEPが侵害され、Wi-Fiネットワークが脆弱なままになっている時に、TKIPのニーズが高まります。しかしながら、TKIPはWEPと同様のメカニズムを使用しており、結果的に攻撃には脆弱です。

VPN 詳細を読む

バーチャルプライベートネットワークとは、既存のネットワークの上に重ねられた安全なネットワークです。VPNのプライベートな性質は、VPN経由で移動するデータが既存のネットワーク上で他のコンピュータやプリンターには一般的に見えないという意味です。例を挙げると、ホームネットワークとVPNに接続されているコンピュータは、ワイヤレスプリンターのようなホームネットワークに接続されているその他のデバイスへはアクセスできません。

WAN 詳細を読む

ワイド・エリア・ネットワークとは、州や国のような幅広い地理的エリアをカバーする長距離通信ネットワークです。電話会社と携帯キャリアはWANを配置し、広い地域や国全体にサービスを提供しています。大企業は独自のプライベートWANを所有し、インターネット接続(世界最大のWAN)を使用して離れたオフィスを繋いでいます。

WEP 詳細を読む

有線同等プライバシー(WEP)は、ワイヤレス通信の元々の暗号化基準であった暗号化基準です。WEPは有線ネットワークと同じレベルのセキュリティを提供するように設計されていますが、品質が妥協され、現在はハッカーにとってキーを見つけて比較的侵入しやすくなっています。

ワイヤレスチャンネル 詳細を読む

デバイス間のワイヤレスネットワーク通信は、チャンネルと呼ばれる特定の周波数上で起こっています。この通信にはいくつかのチャンネルが利用できます。一般的にワイヤレスルーターは、ホームネットワーク上の全てのワイヤレスネットワーク通信用の特定のチャンネルを選びます。ほとんどのルーターは、ユーザーが手動でチャンネルを選択することを許可します。異なるチャンネルを選ぶと、ネットワーク性能が改善されることもあります(チャンネルオーバーラップをご覧下さい)。

ワイヤレスLAN 詳細を読む

ワイヤレス・ローカル・エリア・ネットワーク(WLAN)またはワイヤレスネットワークは、限られたエリア内で、ワイヤレス配信方法を使い、2つまたはそれ以上のデバイスを繋げるワイヤレスコンピュータネットワークのことです。

ワイヤレスルーター 詳細を読む

ワイヤレスルーターはネットワーキングハードウェアのことで、有線デバイスとワイヤレスデバイスの両方がネットワークに接続できるようにします。ワイヤレスルーターに接続されると、コンピュータ、プリンターやその他のWi-Fi稼動電子機器のようなデバイスは1つのインターネット接続を共有し、さらに互いに接続もできます。ワイヤレス接続経由でワイヤレスルーターに接続するか、Ethernetケーブルを使って有線接続も可能です。

WPA/WPA2 詳細を読む

Wi-Fi保護アクセス(WPA)およびWi-Fi-保護アクセスII(WPA2)は、ワイヤレスネットワークを安全にするための2つのセキュリティプロトコルです。このようなプロトコルは、以前のWEPセキュリティソリューションの重度の弱点に対応するために開発されました。

WPS 詳細を読む

Wi-Fi保護設定(WPS)は、ワイヤレスセキュリティについての知識が乏しく、セキュリティオプションに怖気づいてしまい自宅ユーザーが、Wi-Fi保護アクセス(WPA)をセットアップすし、長いパスフレーズを入力しなくても、既存のネットワークに新しいデバイスを簡単に追加できるようにします。