ワイヤレスプリンティングセンター

どのワイヤレスルーターを購入すべきですか?

メンバーWiFiアライアンス

まだ ワイヤレスルーター を所有していない場合、Wi-Fi認定済みのものを購入して下さい。これにより、あなたの新しいルーターがHPワイヤレスプリンターが設計された基準を守ることができます。このロゴを探して下さい:

現在市場にはたくさんのルーターがあります。機能によって、価格は大幅に異なります。考慮すべき機能をいくつか挙げます:

  • デュアルバンド- 802.11n デュアルバンドルーターまたは802.11 ac可能ルーターは、2.4GHzおよび5.0GHz周波数帯の両方に対応しています(よってデュアルバンドと呼ばれます)。ただし、802.11nに対応する全てのデバイスが、2.4GHzと5GHz周波数帯に対応するわけではありません。802.11 n 2.4GHzを使用するデバイスを、802.11n 5.0GHz専用で操作するように設定されたワイヤレスルーターへ接続することはできません。802.11ワイヤレス基準に関する詳細を読んで下さい。
  • Wi-Fi保護設定(WPS)- この機能により、簡単にネットワークにワイヤレスデバイスを追加できます。このようなデバイスは必ずWPSに対応していなければなりません。ほとんどの新しいHPワイヤレスプリンターはWPSプッシュボタンとPIN方式に対応しています。
  • USB - ワイヤレスルーターの中には、USBポートを提供し、USBプリンターとUSBポータブルハードドライブに対応するものもあります。USBプリンターに対応するルーターは、オールインワンの印刷機能にも対応していますが、スキャンやファックス機能には対応しません。このような接続は"Bonjour"と呼ばれるサービスで維持されることが多いようです。BonjourはAppleのマッキントッシュコンピュータのオペレーティングシステムに搭載されていますが、Windows PCはhttp://support.apple.com/kb/DL999 からダウンロードしなければなりません。また、ルーターの中にはUSBポートがポータブルハードドライブのみに対応しているものもあるので、購入する前にルーターのメーカーの販売文献を確認して下さい。
  • 拡張性 - 自宅が広い場合や、鉄骨および/またはコンクリート構造の場合、ワイヤレスルーターの信号を拡張して、家全体にワイヤレスカバー範囲を良好にする必要があります。ワイヤレス信号を拡張するデバイスは”ワイヤレスエクステンダー”と呼ばれます。自宅でエクステンダーが必要な場合、考慮中のワイヤレスルーターと作動できるエクステンダーがないか、確認して下さい。

注意: ワイヤレスネットワーキングの知識に長けている場合を除き、自宅に2台のワイヤレスルーターを使用しないで下さい。インターネットサービスプロバイダー ISP がワイヤレスルーターを機器の一部として提供している場合、他のワイヤレスルーターを追加したり、ISPの助けや知識なしで、既存の設定を変更しようとしないで下さい。