ワイヤレスプリンティングセンター

ワイヤレスルーターについて学ぶ

ワイヤレスルーターとは何ですか?

ワイヤレスルーターとは実際にはアクセスポイントとルーターという2つのデバイスです。

  • アクセスポイント-ワイヤレスデバイスがネットワークに接続できるようにします。
  • ルーター -下記を行います:
    • ネットワークに接続されているデバイスから送受信するデータに指示を出します。
    • ネットワークに接続されたデバイスがインターネットへのシングル接続(ケーブル、DSLやFiOSモデムを通じて)を共有できるようにします。
    • ネットワークに接続されているデバイスを互いに通信できるようにします。

ワイヤレスルーターを使用する際、ネットワークは”ワイヤレスインフラネットワーク”と呼ばれます。ワイヤレスルーターはホームネットワークのメインコンポーネントです。ワイヤレスルーターをコードレスフォンの基地局と考えることができます。コンピュータやプリンターのようなネットワーク上の他のワイヤレスデバイスはコードレスハンドセットのようなものです。ワイヤレスネットワーク上の全ての通信はワイヤレスルーターを通じて実行され、接続されたデバイス同士と外の世界との通信を可能にします。多くのワイヤレスルーターは、ネットワークへの不正アクセスを防ぐため、ファイアウォールがビルトインされています。

また、ほとんどのワイヤレスルーターは、Ethernetケーブルを使用して、デバイスがネットワークへ接続できるようにしています。よって、ワイヤレスルーターを使ったホームネットワークは、有線デバイスとワイヤレスデバイスの両方が接続されている場合があります。

Network diagram

ワイヤレスルーターに接続した全てのデバイスは、ワイヤレスであっても、Ethernetケーブルを通してであっても、同じネットワークにアクセスしています。ネットワークへの接続方法に拘らず、これらのデバイスは互いに通信できます。例えば、Ethernetで接続されているデスクトップコンピュータは、同じワイヤレスルーターに接続されている限り、ワイヤレスプリンターで簡単に印刷できます。

ワイヤレスルーターはどのように機能しますか?

ワイヤレスルーターは、小さな”パケット”に情報を置くことで、ワイヤレスルーターに接続されているデバイス間およびインターネットに接続されたデバイス間の情報を転送します。パケットが転送される度、送信デバイスと受信デバイス(例えば、コンピュータとルーター)が、他のパケットを送信する前に、パケットが正しく送受信されているかを確認します。このようなパケットはワイヤレスまたは有線接続で送信でき、また両方(例えば、Ethernet ケーブルを使ってルーターに接続されたプリンターへワイヤレスラップトップから送信)を使うこともできます。

ワイヤレスルーターの主な機能の1つに、ネットワーク内でこのようなパケットの転送を促進する事があります。ワイヤレスルーターは、固有の”IPアドレス”をネットワーク上の各デバイスに割り当てることでこれを行います。IPアドレスを自宅の住所のように考えて下さい。自宅はネットワーク上のデバイスで、ルーターは郵便局(および郵便局員)のようなものです。ただし、自宅の住所と異なるのは、IPアドレスは一時的なものであるということです。デバイスが接続されたり、接続を解除されたりする度に、異なるIPアドレスが割り当てられます。このタスクを実行するルーターの機能はDHCP(ダイナミックホスト構成プロトコル)サーバーと呼ばれます。

ワイヤレスルーターのその他の主要な機能としては、ネットワーク上の多くのデバイスと1つのインターネット接続を共有することです。ISPはあなたの”自宅”にIPアドレスを(DHCPサーバーから)発行します。そのIPアドレスは、ルーターによって、ネットワークのIPアドレス一式に変更されます。ローカルIPアドレスは非常に似通っています。192.168.1.X や 10.0.1.X.のような4つの数字を組み合わせたものです。連続する数字の最後のセット(X)は、DHCPがネットワーク上の各デバイスに対して変更した数字です。ルーターはルーター自身へ通常数字の”1"をとり、192.168.0.1のようにします。これはゲートウェイアドレスとして参照されます。それから、ルーターはその他のデバイスに対して、 192.168.0.9のように似通った数字を発行します。

How wireless routers work

各ルーターのDHCPサービスには、ルーターが発行できるIPアドレスの数に限りがあります。ルーターによっては、Netgearルーターのように、この最後の数字が2から254の間になる場合があります。他のルーターでは、Linksysのように、範囲が100から149の間に限定される場合もあります。

もし自宅の住所が常に変更されたら、郵便局は郵便を配達する際に問題があると想像できるでしょう。ネットワークでも同じことが起こりえます。よって、プリンターのようなその他のネットワークに繋がれたデバイスと頻繁に通信が必要なデバイスに、永久に変わらない(”固定”または”手動”)IPアドレスを割り当てることはメリットがあります。永久IPアドレスを持つことで、コンピュータはネットワーク上でプリンターを簡単に見つけられるようになります。プリンターの中には、プリンターのコントロールパネルから詳細ネットワーク設定を使い、これを可能にすることができるものもあります。これを行う一番良い方法は、ワイヤレスプリンターに、DHCPサーバーが発行できる範囲外のIPアドレスを割り当てることです。例えば、LinksysルーターのDHCPサービスは192.168.1.100から192.168.1.149の間に限定されるので、プリンターに割り当てるIPアドレスは192.168.1.200が良いでしょう。対応しているDHCP範囲と合計IPアドレス範囲について、ルーターのマニュアルをご覧下さい。

プリンターのコントロールパネルから固定IPアドレスを設定できない場合、下記のようにプリンターの内部ウェブページを使用して設定できます:

  1. プリンターをワイヤレスネットワークに接続します。
  2. プリンターのコントロールパネルからネットワーク構成ページを印刷し、プリンタのIPアドレスをメモします。
  3. プリンターの内部Webページにアクセスするには、インターネットブラウザにプリンタのIPアドレスを入力して下さい。
  4. ネットワークタブを選択してから、左側にあるワイヤレスを選択し、IPv4タブを選択します。
  5. 手動IPラジオボタンをクリックします。
  6. プリンターにDHCP範囲外で、254(アドレスの最後の番号)以下のIPアドレスを割り当てます。
  7. 適用をクリックします。

これら全てのワイヤレス基準とは何ですか?

802.11は、ワイヤレスネットワークコンピュータ通信を扱う基準のセットです。これらは電気電子技術者協会(IEEE)によって作成され、維持されています。最も一般的に今日のワイヤレスルーターでサポートされている802.11規格のバージョンは次の通りです:

  • 802.11b - 1999年に確立されたこの基準は現在ほとんど使われていません。この基準は遅く、唯一のセキュリティがWEPですが、侵入が容易く、ネットワークが危険に曝されます。WEPを絶対に使わなければならない場合、’オープン’モードの方が’共有’モードよりも安全です。ほとんどの現在のルーターはこの基準に対応していますが、802.11bのみで操作可能な古いデバイスを所有している場合にのみ、この基準を使っています。802.11bは2.4GHz周波数帯で作動するため、オーブンレンジ、Bluetoothデバイス、赤ちゃんモニターやコードレスフォンからの干渉を受けやすくなっています。
  • 802.11g - 2003年に確立されたこの基準は、現在広く使用されています。802.11bと比べるとかなり速く、現在のセキュリティ基準(WPAやWPA2)に対応しています。実際、802.11gはほとんどのケーブル、DSLやFIOSインターネット接続ネットワークよりも速いです。802.11bと同様に、802.11gデバイスは、2.4GHz周波数帯で作動する他の製品からの干渉を受けやすくなっています。
  • 802.11n - 2009年後半に確立された最新のワイヤレスネットワーキング基準で、最速で干渉を最も受けにくいのが特徴です。802.11gと同様に、最新のセキュリティ基準(WPAとWPA2)に対応しています。802.11nは、2.4GHz周波数帯でも、干渉を受けにくい5.0GHz周波数帯でも動作できます。
  • 802.11ac - 2014年1月に確立され、5GHz周波数帯で高いスループットのワイヤレスローカルネットワークを提供します。新技術をいくつか使い、802.11n 5GHzよりも優れた性能を提供しています。優れた性能には、RFバンド幅、より多くのMIMO空間ストリーム、マルチユーザーMIMOのダウンリンク、高密度モジュレーションが含まれます。

デュアルバンドワイヤレスルータとは何ですか?

デュアルバンドルーターは、2.4GHzと5.0GHz周波数帯の両方に対応しています。切り替え可能なデュアルバンドルーターはいずれかの周波数帯で動作しますが、同時に両方は使えません。同時デュアルバンドルーターは2.4GHzと5.0GHzの周波数帯を同時に提供できます。固有のネットワーク名(SSID)が通常各周波数帯へ構成されるので、ユーザーはデバイスが接続されているのがどの周波数帯か分かります。