プレスリリース: 2011年12月27日

講談社、HPインクジェットデジタル輪転印刷機を選定

- 優れた印刷品質と、海外での数多くの書籍印刷会社による導入実績を高く評価 -


2011年12月27日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、株式会社講談社(本社:東京都文京区、社長:野間 省伸)が、多様化する読者のニーズに対応するための小部数用の印刷機として、HPインクジェットデジタル輪転印刷機「HP Color Inkjet Web Press」を採用したことを発表します。高い生産性と経済性を兼ね備えたインクジェットデジタル輪転機「HP Color Inkjet Web Press」は、2011年9月に国内で販売を開始し、今回国内導入の一号機となります。

近年、出版市場では、読者の趣味嗜好の多様化により、新刊出版点数が増え続けています。市場のニーズに合わせてより多くのタイトルの提供が求められる中、出版社は、現行のオフセット印刷による大量一括生産から、出版物に合わせた適切な量の印刷・製本に対応する新たな書籍生産システムを必要としています。
今回採用された「HP T300 Color Inkjet Web Press(以下 T300)」は、最大用紙幅30インチ(762mm)に対応するインクジェットデジタル輪転印刷機で、ミューラー・マルティニ社「シグマライン」デジタル製本システムとインラインで接続する日本初のフルデジタル書籍生産システムとして、講談社に2012年春に導入される予定です。これにより、講談社は、高品質な多品目小部数の出版物を、効率的に製作することが可能になります。

<「HP T300 Color Inkjet Web Press」の特長>
「T300」は、1分間122メートルの両面カラー印刷が可能なインクジェットテクノロジーを採用するデジタル輪転印刷機です。最大30インチ(762mm)までの用紙幅に対応し、オフセット用書籍用紙にオフセット同等の印字品質で印刷が可能です。

<株式会社講談社からのエンドースメント>
株式会社講談社 業務局局長 梅崎健次郎 様

講談社は、「HP T300 Color Inkjet Web Press」と「シグマライン」によるデジタル書籍生産システムを業界に先駆けて導入することを大変嬉しく思います。
HPの高いインクジェット技術と、欧米を中心とした大手書籍印刷会社での数多くの実績がHPのインクジェットデジタル輪転印刷機の採用を決めた最大の理由です。
講談社は、今回のシステムの導入により、多品目の出版物を必要な部数だけ短納期で生産可能になることで、読者の多様なニーズにより柔軟に対応しながらも、生産・管理コストを低減することが可能になると確信しています。


■ 「HP T300 Color Inkjet Web Press」の写真は、以下のURLを参照してください。
  http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/library/images/fy2011/digital_press_20110916_t300.jpg

■ 「HP T300 Color Inkjet Web Press」と「シグマライン」デジタル製本システムによる海外導入事例は、以下のURLからご覧になれます。
  アメリカ クーリエ社事例: http://www.hp.com/jp/ihps_t300_courier
  イタリア ロトリト・ロンバルダ社事例: http://www.hp.com/jp/ihps_t300_rotolito

■ 「HP Color Inkjet Web Press」に関するプレスリリース、および製品写真ライブラリは、以下のURLを参照してください。
  http://www.hp.com/jp/digital_pr


#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/