プレスリリース: 2013年02月28日

新発想の「シースルースキャン」搭載、個人向けインクジェット複合機「HP ENVY120」を発表

- 高さ約10cmのスリム&スタイリッシュなデザインながら使いやすさを追求 -


2013年2月28日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、スリムでスタイリッシュな個人向けインクジェット複合機「HP ENVYシリーズ」の新製品「HP ENVY120(以下、ENVY120)」を発表します。
新製品は、販売店および、日本HPのオンラインストアHP Directplusにて、3月14日より販売を開始します。

製品名HP Directplus価格販売開始日
HP ENVY12026,880円
(税抜 25,600円)
3月14日


「ENVY120」は、高さ約10cmのフラットでスタイリッシュなフォルムのインクジェット複合機です。洗練されたデザインに加え、個人向けのインクジェット複合機としては最大サイズ(*1)となる4.33インチ カラータッチスクリーン、原稿を目で確認しながらスキャン、コピーが行える新発想の「シースルースキャン」、ルーターなしで無線LAN接続を実現する「ワイヤレスダイレクト」機能、スキャンしたデータをプリンターからPCを介さず直接メールに送信できる「スキャンto電子メール」など、実用的で使いやすい機能を多数搭載しています。

*1: 2013年2月末現在、インクジェット複合機として。日本HP調べ。

新製品の主な特長は以下の通りです。


<ミスプリントや原稿の取り忘れを防ぐ新発想の「シースルースキャン」>

「シースルースキャン」とは、スキャンする面を上にして原稿を置き、ガラス越しにスキャンする面を確認しながら、ガラス製のトップカバーに内蔵された走査部でデータを読み取るという、これまでにない発想のスキャン機能です。スキャンする面を確認しながらスキャンやコピーをすることで、原稿の置き間違いや、位置ズレなどによるミスプリントやミススキャンを防げるほか、原稿の置き忘れ防止にもなります。また、標準搭載の自動両面印刷機能は、コピー機能にも対応するため、用紙を節約しながら手軽に両面プリント、コピーを行うことが可能です。


<ルーターなしで無線LAN接続が可能な「ワイヤレスダイレクト」機能など、多彩なモバイルソリューションに対応>

「ワイヤレスダイレクト」機能は、ルーターやアクセスポイントがない環境でも無線LAN接続により、タブレット、スマートフォンなど無線LAN対応端末からのプリントやスキャンが行える機能(*2)です。簡単な操作で従来の無線LAN接続と切り替えて使用することも可能なので、普段はルーター経由で暗号キー(パスワード)を設定した通常の無線LANで接続し、来客の持参したデバイスでプリントする場合は一時的に暗号キーなしの「ワイヤレスダイレクト」機能を使用するなど、柔軟な対応が可能です(*3)。

このほか、「ENVY120」は、スマートフォンやタブレットからプリント、スキャン、さらには インク残量の確認が行える「HP Printer Control APP」日本語版(*4)と、インターネットまたは無線LAN経由のWeb印刷が可能な「HP ePrint APP」日本語版(*4)に対応しています。さらに、プリンターにEメールを送信して添付ファイルや本文の印刷ができる「HP ePrint」、「AirPrint機能」、「Google Cloud Print™」など、用途や対応機種によって多数のモバイルソリューションから選択可能です。

「ENVY120」は、Windows PC/Mac向けの専用プリンタードライバー「HP ePrint Software」(*5)にも対応しています。このドライバーを予めPCやタブレットにインストールすることで、各アプリケーションの印刷ダイアログからインターネットで接続された「HP ePrint」対応プリンターのアドレスを指定することで印刷ができます。

*2: iOS端末では、写真メニューやHPモバイルアプリ、Android端末では、
      HPモバイルアプリで利用できます。
*3: プリンターメニューで暗号キー(パスワード)を設定することも可能です。
*4: iOS用の「HP Printer Control APP」は4.3以降、「HP ePrint APP」は4.2以降の
      iPhone 5/4S/iPhone 4/iPhone 3GS/iPad2/iPad/第3世代以降の
      iPod Touchに対応します。Android用の「HP Printer Control APP」、
      「HP ePrint APP」は 2.2以降の端末に対応します。
*5: ドライバーはWebからダウンロードできます。


<スキャンデータを直接メールに送信できる「スキャンto電子メール」に対応>
「スキャンto電子メール」は、スキャナーで読み込んだデータ(JPEGまたはPDF)を、PCを介さずに直接メール送信できる機能です(*6)。宛先はプリンターの大型液晶画面からタッチ操作で入力でき、複数の宛先に同時に送信できます。また、メールアドレスは最大20件までプリンターに登録することが可能です。

*6: 事前に、プリンターのアドレスをHP ePrintCenterで登録する必要があります。


<自動給紙トレイ採用により、操作性も向上>
「ENVY120」は、新たに自動給紙トレイを採用しました。本体に、DVDプレイヤーにあるような取り出し(Eject)ボタンをつけることで、ボタンを押すと自動的に前面のタッチパネル部分が開き給紙トレイが前面に出ることで、給紙が容易になりました。また、「ENVY120」にプリント指示を送った際に用紙が切れている場合には、自動的にトレイがせり出し、給紙を促す機能も搭載しています。

                 
新製品の主なスペック

仕様: A4カラーインクジェット複合機(プリント、スキャン、コピー)
印刷速度(ISO): モノクロ約7枚/分、カラー約4枚/分
液晶サイズ: 4.33インチ カラーLCDタッチスクリーン
インク: 4色/K:顔料系、CMY:染料系(インクヘッド3色一体型)
接続インターフェイス: USB2.0、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、      
                                         ワイヤレスダイレクト対応
給紙容量(最大): 80枚(A4普通紙)
サイズ(W×D×H): 427×336×102mm
その他: シースルースキャン、スキャンto電子メール、   
                  内蔵自動両面印刷、自動給紙トレイ機能、    
                  メモリカードスロット(ダイレクト印刷対応)、オートオフ機能


■ 新製品に関する製品情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/inkjet

■ HPのモバイルソリューションの詳細と対応端末については、以下のURLを参照 してください。
  http://www.hp.com/jp/smart

■ 製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://www.hp.com/jp/inkjet_pr


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL:0120-436-555
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/