プレスリリース: 2013年06月03日

B2サイズに対応する初の「HP Indigoデジタル印刷機」、販売開始のお知らせ

- HPデジタル印刷機における新しいソリューションを発表 -



2013年6月3日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


<お知らせ>
日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、B2サイズに対応する初のデジタル印刷機「HP Indigo 10000デジタル印刷機(以下、Indigo 10000)」を、6月3日(月)より販売開始するとともに、HP デジタル印刷機における新しいソリューションを発表します。
HP デジタル印刷機は、2013年1月末時点で6,000台の「HP Indigoデジタル印刷機」と100台の「HP インクジェットデジタル輪転印刷機」が全世界で導入されています。これらの爆発的な普及は、グラフィック業界におけるアナログからデジタルへの移行を推進し、高付加価値なデジタル印刷の成長に寄与しています。


<B2サイズに対応する「HP Indigo 10000デジタル印刷機」販売開始>
2012年3月27日に発表した「Indigo 10000」は、2012年5月にドイツのデュッセルドルフで開催された「drupa 2012」で初めて展示されました。世界では既に11か国で導入されており、その優れた生産性とデジタル印刷用アプリケーションの多様化により、印刷会社のビジネス成長に貢献しています。

≪「HP Indigo 10000デジタル印刷機」について≫
「Indigo 10000」は、「HP Indigoデジタル印刷機」として初めてとなるB2サイズ(750mm×530mm)に対応する枚葉機で、1時間にフルカラーで3,450枚の印刷が可能です。新製品は、黒をCMYの3色合成によって表現することにより、通常の4色印刷時と比較して印刷速度を最大33%向上する機能「生産強化モード(EPM)」を標準搭載することで、生産性に加えて経済性も向上し、印刷会社の利益向上を支援します。さらに新製品は、最大7色のカラー印刷と両面印刷に対応し、広範囲のメディアにオフセット品質で印刷できます。


<お客様の競争力を強化する「HP Indigo デジタル印刷機」の新アプリケーション>
≪「HP Indigo 7000/7500/7600 デジタル印刷機」のアップグレード≫
「HP Indigo 7000/7500/7600 デジタル印刷機」は、紫外線照射時にのみ赤く浮き上がる「インビジブルレッド」インキに新たに対応します。「インビジブルレッド」インキは「HP Indigo 5600 デジタル印刷機」で既に利用されており、偽造への対応が必要な高級品やクーポン/チケット、複雑性が高く迅速な生産サイクルが求められる製薬業界に最適です。

≪「HP Indigo 3550 デジタル印刷機」のアップグレード≫
「HP Indigo 3550 デジタル印刷機(以下、Indigo 3550)」は、「生産強化モード(EPM)」に新たに対応します。「生産強化モード(EPM)」は、黒をCMYの3色合成によって表現することにより、通常の4色印刷時と比較して印刷速度を最大33%向上する機能です。「生産強化モード(EPM)」は既に「Indigo 3550」以外の全機種に導入されており、生産時間とコストを削減してお客様の競争力を強化します。
「Indigo 3550」におけるこの機能は、2013年6月より利用可能になる予定です。

≪「HP SmartStream Production Center」≫
「HP SmartStream Production Center」は、大量の小ロット印刷ジョブを効率的に受付け、印刷、出荷するために設計された生産管理ソフトウェアシステムです。このシステムは、あらゆる生産環境に対応し、Webポータル、MISシステム、プリプレスツールなど複数のソースから受信した多数のジョブを管理し、自動的に複数の生産プラットフォームに送り出します。それに加え、生産ラインの状態を把握し負荷が集中している機器を除外するなど、設備をより有効に活用することが可能になります。これにより、高品質な印刷物を、効率的かつ正確に生産することを実現します。


<「HP インクジェットデジタル輪転印刷機」の新しいソリューション>
日本HPは、印刷会社が「HP インクジェットデジタル輪転印刷機」の投資回収率を最大化するために役立つ、新しいソリューション「HP SmartStream Composer」と「HP SmartStream Web Press Color Studio」を発表します。

≪ワークフローソリューション「HP SmartStream Composer」≫
「HP SmartStream Composer」は大量のバリアブルデータを生成するためのアプリケーションです。すでに「HP Indigo デジタル印刷機」に対応しており、今回、「HP インクジェットデジタル輪転印刷機」の高速印刷環境下でも、安定して稼動するように最適化されました。「HP SmartStream Composer」は、パーソナライズされた印刷物を出力するお客様や、費用効果があるソリューションを求めているお客様にとって最適なソリューションです。

≪カラー管理用ソリューション「HP SmartStream Web Press Color Studio」≫
「HP SmartStream Web Press Color Studio」は、「HP インクジェットデジタル輪転印刷機」向けのカラー管理用ソリューションです。印刷前にカラー品質を正確にチェックすることで、最適なインクジェットカラー品質での出力を可能にし、デザインから印刷まで一貫したカラー品質が得られます。
「HP SmartStream Web Press Color Studio」には、ソフトプルーフ、ICCカラープロファイルを作成する機能、スポットカラーマッチング補助機能、インストールおよびオンサイトでのカラートレーニングが含まれます。


■ 関連するプレスリリースは、以下のURLを参照してください。
  「デジタル印刷機の新ラインアップを発表」
 http://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=1215175

■ 製品写真ライブラリは、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/digital_pr

 
#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先:
 カスタマー・インフォメーションセンターTEL:0120-436-555
 ホームページ   http://www.hp.com/jp/