プレスリリース: 2013年07月05日

第3世代HP Latexプリンティングテクノロジーを搭載した産業用プリンターを発表

- 「HP Latexインク」搭載プリンターの名称を変更し、「HP Latexシリーズ」として統一 -



2013年7月5日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、優れたプリント品質と高生産性を実現する、第3世代の「HP Latexプリンティングテクノロジー」を搭載した、産業用プリンター「HP Latex 3000 プリンター(以下、Latex 3000)」を発表します。
また、現在「HP Designjet/Scitexシリーズ」として展開している「HP Latex インク」搭載プリンターの名称を変更し、新たに創設した「HP Latexシリーズ」として展開していきます。

新製品は、本日より受注を開始します。

製品名販売価格販売開始日
HP Latex 3000 プリンター52,290,000円
(税抜49,800,000円)
7月5日


<優れた環境性能で高画質・高生産性を実現する、
                  第3世代「HP Latexプリンティングテクノロジー」>
「HP Latexプリンティングテクノロジー」は、「HP Latexインク」を採用した、HP独自のテクノロジーです。「HP Latexインク」は、無臭でVOC(揮発性有機化合物)が極めて少ない環境に優しい水性インクでありながら、ソルベントインクと同等の優れた耐候性を備え、環境に優しい高品質なプリントを実現します。また、塩ビ、ターポリン、紙、フィルム、テキスタイルなど幅広い素材に対応するため、屋外広告から病院や飲食店など、デリケートな環境の屋内装飾まで様々な用途に対応します。
今回、新製品「Latex 3000」に搭載された、第3世代の「HP Latexプリンティングテクノロジー」は、従来からの特長はそのままに、インクの擦過性能や定着性を向上することで、より高い出力品質と生産性の向上を実現し、さらに幅広い素材への対応を可能にします。

≪第3世代「HP Latexプリンティングテクノロジー」を搭載した「Latex 3000」≫
「Latex 3000」は、出力ボリュームの多いお客様に最適な産業用プリンターです。第3世代「HP Latexプリンティングテクノロジー」は、標準色に加えて、新開発の「HP Latexオプティマイザー」を搭載しています。カラーインクのプリント直前に透明な「HP Latexオプティマイザー」を印字することにより、インク顔料を正確に定着できるため、にじみや色ムラを防ぎます。これにより、さらなるプリントスピードの向上と高画質を実現します。また、「HP Latexインク」の乾燥工程が非常に効率化し、熱に弱い素材など、対応する素材が広がることで汎用性を強化しました。また、色を自動管理する「内蔵分光測光器」や、高精度な温度管理が行える複数の温度センサーなどの搭載により、高生産と安定した色の一貫性を両立しました。

「Latex 3000」が搭載する「HP 881 Latexインク」は、既存の「HP Latexインク」の特長をそのままに、塩ビやターポリンなどへのプリントにおいてハードソルベント(溶剤)インク以上の強い擦過性能を備え、屋外広告や店頭用ディスプレイ、車両ラッピング、インテリアデコレーションなどの用途に最適です。また、UV硬化型インク比約120%の広い色域で鮮やかなカラー出力を可能にするとともに、光沢素材では光沢調に、マット素材ではマット調になるなど素材の風合いを生かした仕上がりを実現します。

≪高速プリントと優れた操作性を実現≫
「Latex 3000」は、屋内品質モードで77平米/時、屋外品質モードで120平米/時をはじめとする、8段階のプリントモードに対応することで、用途に応じた高速プリントを実現します。そのほか、プリント素材をセットするスピンドルには、軽量な「カーボンファイバーデュアルロールスピンドル」を採用し、素材交換作業の手間を低減します。また、インク交換の頻度を削減する5リットルの大容量インクカートリッジを搭載するなど、プリント作業全体の工数を効率化し、高い生産性を実現します。


<既存の「HP Latexインク」搭載プリンターを、
                  新たに「HP Latexシリーズ」として展開>

「HP Latexインク」は2008年に溶剤系インクに代わる水性インクとして発表されました。以来、世界中で15,000台以上(*1)が出荷され、「HP Latexインク」による出力量は1億平米を超えています。
今まで「HP Latexインク」を搭載する製品は、少量生産向けのプリンターを「HP Designjetシリーズ」、大量生産向けの産業用プリンターを「HP Scitexシリーズ」として展開してきましたが、今回「HP Latexシリーズ」の創設にともない、全「HP Latexインク」搭載プリンターを新たに「HP Latexシリーズ」として展開していきます。これにより、お客様は、規模や用途によって最適なHP Latexソリューションを、より分かり易く選択することが可能になります。
今後も、「HP Latexプリンティングテクノロジー」の高い生産性と出力品質、アプリケーションによる汎用性を強化していくことで、ユーザーのビジネス拡大に貢献していきます。

「HP Latexインク」搭載プリンターの新しい製品名と旧製品名の対応は、以下の通りです。

新しい製品名          旧製品名
HP Latex 260 プリンター  :  HP Designjet L26500
HP Latex 280 プリンター  :  HP Designjet L28500
HP Latex 820 プリンター  :  HP Scitex LX820
HP Latex 850 プリンター  :  HP Scitex LX850
HP Latex 3000 プリンター  :  (新製品)

*1: 2013年6月現在


■ 新製品、「HP Latexシリーズ」に関する情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/latex

■ 製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://www.hp.com/jp/wfp_pr/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555