プレスリリース: 2010年03月09日
トピック: 新製品情報

USB接続で1台のPCを10人が同時利用できる教育分野に最適な新ソリューション「HP MultiSeat Computing」

- 同じ費用で2倍のPCを導入可能、新しいコンセプトのクライアントソリューション -


2010年3月9日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、1台のホストPCにUSBでアクセスデバイスを接続することにより、複数のユーザーで共有できる新ソリューション「HP MultiSeat Computing」を発表し、「HP MultiSeat Computing」を構成する新製品として、専用ホストPC「HP MultiSeat ms6000 Desktop(以下ms6000)」、端末となるアクセスデバイス「HP MultiSeat t100 Thin Client(以下t100)」を発売します。
新製品は、日本HP直販営業、日本HP販売代理店を通じ3月11日から販売を開始します。


製品名販売価格(税込)販売開始日
・HP MultiSeat ms6000 Desktop
ms6000 Essential/MultiPoint
(最大5ユーザー、MultiPoint OS込)
92,400円3月11日
ms6000 Extended/MultiPoint
(最大10ユーザー、MultiPoint OS込)
113,400円3月11日
ms6000 Essential/FreeDOS
(最大5ユーザー、別途Academic Volume Licenseが必要)
71,400円3月11日
ms6000 Extended/FreeDOS
(最大10ユーザー、別途Academic Volume Licenseが必要)
92,400円3月11日
構成: インテル® Q43 Expressチップセット、インテルCore™ 2 Duo E7500(Essential)/Core 2 Quad Q9400(Extended)、2GB(Essential)/6GB(Extended) DDR3メモリー、320GB(Essential)/500GB(Extended) HDD、DVDスーパーマルチ、Windows® MultiPoint™ Server 2010/FreeDOS、W338×D379×H100(mm)
・HP MultiSeat t100 Thin Client
t100 w/CAL
(Microsoft Client Access License込)
12,600円3月11日
t100 for Academic VL
(別途Academic Volume Licenseが必要)
7,035円3月11日
構成: PS/2端子×2(キーボード+マウス)、VGA端子(Dsub)×1、ヘッドフォン/ラインアウト端子×1、マイクイン端子×1、W111×D65×H28(mm)


<導入と管理のコストを削減する新しいコンセプトのクライアントソリューション「HP MultiSeat Computing」>
「HP MultiSeat Computing」は、専用ホストPC「ms6000」に、コンパクトサイズ(サイズ:111mm×28mm×65mm)のアクセスデバイス「t100」をUSB接続するだけで、手軽にマルチユーザー環境を実現する新しいコンセプトのソリューションです(*1)。「ms6000」のOSには最新の「Microsoft® Windows MultiPoint Server 2010」を世界で初めて採用しました。これにより、USBで接続した各ユーザーにデスクトップ環境を提供でき、モニター、キーボード、マウスさえあれば、1台のホストPCで最大10ユーザー(*2)がPCを同時に利用することができます。また、増設が容易で、各端末の管理は「ms6000」で一括して行えるため、導入と管理にかかるコストと手間を大幅に削減することが可能です。
特に教育機関、SOHO、図書館などの小規模ネットワーク(*3)に最適で、例えば学校のPC教室ならば、導入コストを抑えながら生徒一人ひとりにPC環境を準備できます。また、ホストPCのみを管理すればよいため、運用負荷や障害率が低く、授業に支障が出にくいという利点があります。ホストPC「ms6000」をLANネットワークと接続すれば、その用途はさらに広がります。


*1:
「t100」台数分のモニター、キーボード、マウス(別売り)は必要となります。

*2: キーボード、マウスがホストPCのUSBを2ポート使用するため、t100を9台以上接続する場合は電源供給付のUSBハブが必要です。

*3: USBケーブル規格の制限により、ホストPCとアクセスデバイス間の距離は最大5mです。ただし、USBハブを利用して延長することは可能です。


その他、主な特長は以下の通りです。


・電源ユニット不要のアクセスデバイス「t100」で、画期的な省スペースと省電力を実現

端末となるアクセスデバイスの「t100」は、縦横がL判写真プリントより一回り小さなコンパクトサイズで、キーボード、マウス(ともにPS/2)、モニター出力(VGA)、ヘッドフォン(ライン)出力、マイク入力のインタフェースが搭載しています。また、VESA規格に準拠したマウントブラケットが付属するので、対応する液晶モニターの背面に装着することも可能です。
「t100」は最大消費電力2.5Wの省電力設計で、電力はUSBケーブル経由でホストPCから供給されるため、電源ユニットを搭載しません。また、冷却ファンを搭載しないためほぼ無音であるほか、記憶装置を搭載しないためセキュリティ性にも優れている、機械動作部品を搭載しないため駆動音が静かで故障率が低いなど、数多くのメリットを備えます。
ホストPCにアクセスするための「Microsoft Client Access License (CAL)」込みのモデルと、ボリュームライセンス(アカデミックのみ)でCALを購入するお客様用にCALなしのモデルを用意しました。


・Microsoftの最新サーバーOS搭載で、安心サポートのホストPC「ms6000」

専用ホストPCの「ms6000」は、最新OS「Microsoft Windows MultiPoint Server 2010」をプリインストールした世界初の製品です(*4)。同OSは、モニター、キーボード、マウスのみを接続した複数(最大10ユーザー)のクライアント管理を提供する、Windows Server 2008 R2ベースのサーバーOSで、Windows 7と同様のインタフェースを備えます。Microsoftの正規ライセンスサポートにより、随時最新のセキュリティパッチが適用されるので、新たなコンピュータウィルスの脅威にも迅速に対応可能です。
「ms6000」は、接続するアクセスデバイス数に応じて、「Essentials configuration」(最大5ユーザー)、「Extended configuration」(最大10ユーザー)の2モデルを用意しました。


*4:
ドメイン参加が可能となる「Microsoft Windows MultiPoint Server 2010」のボリュームライセンス(アカデミックのみ)版を希望するお客様向けにFree Dos搭載モデルも用意しています。


<各社からのエンドースメント>


・マイクロソフト株式会社 サーバープラットフォームビジネス本部 副本部長 梅田 成二 様
この度の日本HPのSRC(シェアード・リソース・コンピューティング)ソリューション「HP MultiPoint Computing」のご発表、おめでとうございます。
近年教育分野では一人一台のPC環境を実現することが求められており、限られた予算で最大のPC環境を提供可能なSRCのニーズは世界的に高まっています。その需要に応えるために、マイクロソフトは「Microsoft Windows MultiPoint Server 2010」を3月1日にリリースいたしました。この「Microsoft Windows MultiPoint Server 2010」を組み込んだ「HP MultiSeat Computing」は日本の教育分野にこれまでにない革新的なコンピューティング環境を実現し、より学習効率を高めるものと確信しております。
マイクロソフトはこれからも、日本HPとともに高品質で革新的なコンピューティング環境の普及に取り組んでまいります。


■ 添付資料 

  新製品スペック一覧表
  HP MultiSeat ms6000 Desktop: ≫http://www.hp.com/jp/ms6000_spec
  HP MultiSeat t100 Thin Client: ≫http://www.hp.com/jp/t100_spec


■ HP MultiSeat Computing関する情報は以下のURLを参照してください。 
 
  ≫http://www.hp.com/jp/multiseat


■ 製品写真ライブラリ 

  (画像データは以下のURLからご覧になれます) 
  ≫http://www.hp.com/jp/desktop_pr


■ 日本HPプレスルーム
  ≫http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/