プレスリリース: 2018年09月25日

レンゴー、「HP PageWide T1190 Press」をアジア太平洋地域で初導入

業界で最も生産性の高い段ボール向けデジタル印刷機を活用し、日本の包装市場を変革



2018年9月25日

株式会社日本HP


株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史)は、パッケージング業界のリーディングカンパニーであるレンゴー株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長兼社長:大坪 清、以下「レンゴー」)が段ボール分野へのデジタル印刷の本格的な導入に向けて、高速インクジェット輪転印刷機「HP PageWide T1190 Press」の採用を決定したことを発表します。「HP PageWide T1190 Press」は世界で最も生産性の高い包装資材向けデジタル印刷機(*1)で、レンゴーはアジア太平洋および日本地域において同機を初めて導入します。

レンゴーは、汎用的な段ボールからグラフィックを多用した美粧段ボール、POPディスプレイまで、幅広い製品を取り扱っており、菓子、食品、飲料、雑貨など、さまざまな産業の主要ブランドに製品を提供しています。1909年創業のレンゴーは、本社を大阪に構え、東アジア全体に工場を展開しており、アジアにおいて最も大規模に段ボール事業を展開しています。業界をリードする段ボールメーカーとして、日本、中国、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、米国・ハワイなど170近くの製造拠点を有しています。

〈市場を変える、大量の段ボール向けデジタルプレプリント〉
「HP PageWide T1190 Press」の新しい6色インクシステム、305メートル/分の生産能力、先進的なワークフローソリューション「HP One Package workflow suite」により、レンゴーは業界最新のデジタルプレプリントソリューションをユーザーに提供できるようになります。ユーザーは、柔軟な在庫管理、短期間での製品の市場投入、多様なメディア選択や忠実な色再現などのメリットを享受できます。また、「HP PageWide T1190 Press」のUV反応性の化学物質を含まない水性インクは、食品・飲料包装などの成長分野に加え、ペットフード、育児用品、玩具、医薬品、化粧品など、においにセンシティブな用途での使用に適しています。

レンゴーでは、「HP PageWide T1190 Press」を2019年夏までに稼働させる予定です。
レンゴー株式会社: https://www.rengo.co.jp/



*1: HP調べ



プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/

 


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
ホームページ: http://www.hp.com/jp/