女性活躍のための取り組み

 

 

「女性活躍のための取り組み」TOPイメージ

女性活躍のための取り組み


女性の採用・マネージャー登用と、就労に向けた支援

日本HPでは、女性社員の採用比率、マネジメント比率向上のための様々な取り組みを実施。女性がいきいきと働き続けることができ、ビジネス成功に貢献する環境整備に努めています。また家庭や育児と、仕事の両立に関する、女性社員同士の自主的な情報交流や、仕事を続けながら成長できる活動も推進しています。


年々比率が上昇している女性の採用/登用状況

2004年より、女性社員の採用比率向上、および管理職比率向上のため、タスクフォースを設置し、具体的な目標を定めた取り組みを実施しています。毎年その結果を踏まえたプランの策定・実行にも取り組んでいます。日本HPが採用を募集する職種は、その80%が技術職で、日本では女性が相対的に少ない状況にあります。そうした環境の中でも、女性の採用に積極的に取り組んできたことにより、全採用者に占める女性の比率は年々着実に増加しています。また管理職への登用比率では、他国のHPに比べまだ高い水準ではありませんが、年々比率が上昇。管理職への登用も推進しています。



女性社員の支援に関する活動とイベント


社員ネットワーク Women at Work Japan(WAWJ)

女性社員を支援する取り組みのひとつに、2005年に立ち上げられた女性社員による社内ネットワークグループ「WAWJ(Women at Work Japan)」があります。これは女性社員が働き続ける上での課題や経験を共有し、互いに成長することを目的としています。所属や職種が異なる女性の交流や、社員や社外講師を招いたセミナー、各種イベント開催など、女性のプロフェッショナル デベロップメントを目指す活動を企画・運営しています。またこの活動は、HP本社からも認定を受けた社員活動として、上級マネジメントによるサポート、および勤務時間内の活動が認められるなど、会社からの支援が行われています。

2005年1月キックオフの様子 ›
 紹介パンフレット(PDF,808kB)


Women's Summit Tokyo

本サミットは2007年8月、各業界のリーディング企業で働く女性社員との交流や意見交換を行う「Women’s Summit Tokyo2007」を日本HP主催で開催したことから始まりました。2008年以降は、様々な業界の企業と共催で開催を継続しており、社内にとどまらずに女性活躍のための活動を推進しています。「企業で働く女性が活き活きとしなやかに働き続け、ビジネス成功のキーとなる役割をより担う」ことを狙いとしており、社内外から総勢200人~300人ほどが集い、ビジネスリーダーの経験談やアドバイスを聞いたり、企業や職種の枠を超えての意見交換やディスカッションを行い、毎回活気溢れる一日になっております。



社員インタビュー

『経験を活かし、育児休職後も短縮勤務で新しい役割に挑戦』
職種:テクニカルスペシャリスト T.Takahashi

テクニカルスペシャリスト T.Takahashi  

子供が生まれたとき、1年4ヶ月の産休・育休を取得。現在は16時までの短縮勤務と、週のうち数日はフレックスワークプレースを利用して自宅で勤務しています。 入社以来、コンサルタントとしてシステム基盤の構築を担当し、プロジェクトマネージャーも経験するなど、やりがいある仕事を続けてきました。育児は初めての経験で不安もありましたので、短縮勤務を上司に相談すると「これまでの経験や知識を、若手やプロジェクト担当者にシェアすることで貢献してほしい」と、プロジェクトのレビューアーや 新しいビジネス分野で基盤作りをする仕事の担当に。限られた時間で貢献できるか不安もありましたが、「貴重なアドバイスをもらえる」といううれしい評価も得ています。 これまでの実績を活かしながら新技術・知識も習得でき、今後のキャリアを考える上でいい経験にもなっています。

HPは両立支援の様々な制度が充実していますし、ワーキングマザーのネットワークも支えになりますね。皆さんの経験談が参考になりますし、社内に仲間がいる安心感もあります。第二子出産のため、来月から再び産休を取得する予定。産休中も、上司や同僚、ネットワークの仲間と情報交換を続けていくつもりです。