研修・教育制度 - Japan

人材開発に関する基本的な考え方

Employabilityという言葉をご存知ですか?
「雇用される能力」「自分が雇われる価値」のことで、社員が自らの能力を高めようとするならば、会社は全力でそれを支援しチャンスを提示する責務を持ちます。日本HPではこの考え方を礎とし、お客様のために最大の成果を発揮できる人材の育成を目指し、それぞれのキャリアプランに沿った人材育成プログラムを用意しています。

プログラムは、”全社共通プログラム”と”ビジネス固有プログラム”に大別され、各自のキャリアプランの構築やビジネス展開に必要な技術・スキルの習得に役立っています。

また、e-learningを積極的に展開しており、必要な時に必要なトレーニングをシステムから選択し受講申込ができます。世界中の受講者とPCインフラ上で同時に受講ができるバーチャルクラスルームも実施しています。

トレーニングプログラム

1.全社共通プログラム
  • Succeeding in the New HP
    (New HPで成功する;HPカルチャ)
  • Building Support for Your Ideas
    (問題解決に必要なコミュニケーションスキル)
  • Career Development Suite
    (キャリア開発プログラム・コース)
  • English as a Second Language
    (英語力をつける基礎から応用まで)
  • Foundations of Leadership
    (リーダーシップの基礎)
  • Leading Effective Meetings
    (効果的なミーティングの進め方)
  • Presenting Effectively
    (効果的なプレゼンテーション)
  • Project Management Fundamentals
    (プロジェクト・マネジメント基礎)
  • High Performance Teams
    (ハイパフォーマンス・チーム)
  • Working in a Virtual & Global Environment
    (バーチャル/グローバル環境で働く) など
2.事業部固有プログラム
     
  • セールストレーニング
  •  
  • テクニカルトレーニング
       HP-UX/PA-RISC Training
       NetServer Training
       NonStop Server Training
       Alpha/True64 UNIX Training  
       ProLiant(IA32サーバ) Training  
       Storage Training  
       Oracle Training  
       Network Training
  •  
  • プロフェッショナルスキルトレーニング
  •  
  • プロジェクト管理トレーニング
  •  
  • 外部トレーニングの受講  など


ディベロップメント・プラン

トレーニングプログラム受講の効果を最大限に高め社員のパフォーマンスを向上させるためには、十分なディベロップメント・プランが不可欠です。

 1.ビジネスニーズ、役割上のニーズ、各社員のニーズの3つのエリアに分けてそれぞれのニーズの優先順位付けを行います。

 2.社員のパフォーマンス向上に必要な知識やスキルを得るために最も効率的なソリューション(受講するトレーニングプログラム)を検討します。

 3.マネージャの協力を得て自己開発の目的と活動の詳細を決定します。

 4.マネージャと共に計画の進捗を定期的にチェックし、スキルや行動の向上がパフォーマンス向上にどう貢献したかを評価します。計画は必要に応じて随時見直しを行います。