プレスリリース: 2011年07月26日

HP、将来のネット環境「FlexNetwork アーキテクチャ」を発表

- ネットワークのサイロを1つのアーキテクチャに統一し、仮想化、リッチメディア、クラウド環境での柔軟性を向上 -


2011年7月26日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、本日、リッチメディアコンテンツ、仮想化、モビリティおよびクラウドコンピューティング環境を存分に活用できる、データセンター、構内、ブランチネットワーク向けの業界唯一のアーキテクチャ「HP FlexNetwork アーキテクチャ」を発表します。

この新しいアーキテクチャは、モジュラー型で、業界標準の技術を使うことで、ビジネスの革新に注力したソリューションの開発が可能になり、また、ベンダーの囲い込み避けることができるため、ITインフラストラクチャの柔軟性を高めることができます。

このアーキテクチャは、ネットワークの整合性、セキュリティおよび性能を保証するために、データセンター、キャンパスおよびブランチのネットワーク環境を統合します。このアーキテクチャをベースにした、新しいソリューションも発表します。

「HP FlexNetworkアーキテクチャ」は、「HP Converged Infrastructure」戦略の主要な要素の1つで、企業内のすべてのネットワーク機器に、整合性の取れたプロトコルの実装をすることで、ネットワークのサイロを統合します。その結果、俊敏性、革新性を向上させながら、データセンター、キャンパスおよびブランチネットワークの簡素化とサービス提供時間の短縮を可能にします。

単一ベンダー、独自の技術では、データセンター、キャンパスおよびブランチなどそれぞれの場所で異なるアーキテクチャが必要になり、お客様を囲い込み、コストと複雑性を増大させます。統一性の欠如と複雑性の増大は、新しいアプリケーションやサービスの投入を難しくします。

「HP FlexNetworkアーキテクチャ」は、統合、簡素化により古いネットワークを変革し、革新、スピードと処理性能の向上を提供します。「HP FlexNetworkアーキテクチャ」により実現される新しいレベルの柔軟性は、お客様が将来のビジネスの需要にどのように対応するかに注力することを可能にします。

「ビジネスの成功と競争優位を獲得するために、企業は、複雑で、古いネットワークの保守から革新にリソースの利用用途をシフトしなくてはなりません。標準技術を使ったHP FlexNetworkアーキテクチャにより、
お客様は、既存のネットワークへの投資を繰越し、将来に向けた準備を進めながらTCOを削減できます。」とHP Networking アジアパシフィック&日本のバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャのポール・ロブソンは述べています。

HP  FlexNetwork アーキテクチャについて
HP FlexNetwork アーキテクチャは、一般的な管理レイヤーを共有する
3つのモジュール型ブロックによりネットワークを統合します。

— FlexFabric –ハイブリッドなクラウド環境に対応し、仮想、物理両方のネットワーク、コンピュータおよびストレージリソースの統合によりデータセンターの簡素化を実現します。

— FlexCampus –有線、無線両環境における、マルチメディアコンテンツのID管理アクセスの処理性能、遅延の低減およびセキュリティの向上を実現します。

— FlexBranch –ブランチネットワーク環境におけるサービスの提供に際して、最適な技術の統合によっネットワーク、セキュリティの拡張、簡素化を実現します。

— FlexManagement – HP FlexNetworkアーキテクチャ全体にわたる一括管理によって、複雑性を解消します。

HP FlexNetworkアーキテクチャは、そのアーキテクチャを構成するモジュール型ブロック全般についてオープンで標準というポリシーを忠実に守っています。また、仮想、物理両環境において一貫したセキュリティポリシーを自動的に構築するという業界をリードする脆弱性検知を装備し、リモートサイトからデータセンターまでをカバーできる拡張性を持っています。

HP FlexNetwork アーキテクチャへの移行をサポートするサービス
HP テクノロジーサービスの提供するサービスにより、独自技術の古いネットワークからHP FlexNetworkアーキテクチャに、また、シスコのEIGRPのような独自のプロトコルからOSPF v2、v3のような標準のルーティングプロトコルに移行が可能です。

さらに、ビデオコラボレーションやネットワークセキュリティ、柔軟な管理(FlexManagement)といった新しい取り組みに対するネットワークサービスを準備しています。また、個々のモジュール型ブロックから導入計画、デザイン、導入および運用まで、ライフサイクル全般のサービスも提供します。


■日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター   TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上 ご覧ください。