プレスリリース: 2012年08月23日

手のひらサイズのクライアント仮想化専用端末「HP t410 Smart Zero Client」を発表

- ネットワークの品質を改善し、快適な使用環境を実現するソフトウェア「HP Velocity」をプリインストール -


2012年8月23日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、画面転送処理専用チップ(DSP)を搭載し、高速な転送画面描写を実現する、手のひらサイズのコンパクトなゼロクライアント「HP t410 Smart Zero Client(以下、t410)」を発表します。また、仮想環境におけるネットワークの品質を改善し、快適なレスポンスを実現するソフトウェア「HP Velocity(エイチピー ベロシティ)」をあわせて発表し、「t410」を含むHPシンクライアントシリーズ(ゼロクライアント含む)に無償で搭載します。
新製品は、日本HP直販営業、日本HP販売代理店を通じ、本日より販売を開始します。

製品名販売価格販売開始日
HP t410 Smart Zero Client26,040円(税抜24,800円)8月23日
HP t410 Smart Zero Client(Teradici PCoIP対応モデル)31,290円(税抜29,800円)8月23日


<画面転送を高速化した、手のひらサイズのゼロクライアント「t410」>
「t410」は、Citrix ICA、RDP7.1、Microsoft Remote FX、VMware PCoIP(*1)など主要な画面転送プロトコルをサポートし、あらゆるクライアント仮想化ソリューションに対応する専用端末です。手のひらサイズのコンパクトな筺体でありながら、画面転送処理専用チップによる高速な描画を実現し、フルHD(*2)での2画面出力に対応します。

*1: Teradici PCoIP対応モデルのみ対応。
*2: 利用するプロトコルによって対応解像度は変化します。

「t410」の主な特長は以下の通りです。

≪専用チップ搭載で画面転送のパフォーマンスが向上≫
「t410」では、従来CPUで処理していた画面転送プロトコルを、専用のプロセッサー(DSP)「Texas Instruments TMS320DM8148™」で行うことにより、快適なパフォーマンスを実現しました。また、映像出力端子としてDisplayPortとVGAの2ポートを備え、フルHD解像度(*2)の2画面出力が可能なため、オフィス業務の効率化に貢献します。筐体はVESA規格に準拠しており、モニターの背面に取り付けることで設置スペースを削減し、作業スペースを広く確保することも可能です。

≪管理コストの削減と迅速な導入を実現する「HP Smart Zero Client Service」≫
「t410」は、起動と同時にWebサーバー(IIS)に格納された設定情報を読み込み、クライアント仮想化環境に接続できる「HP Smart Zero Client Service」に対応します。端末に対しての設定が不要で管理に要する工数が省けるのに加え、同時に複数台の「t410」を導入する際には初期設定時間の大幅な短縮、迅速な稼働開始が可能です。


<快適なネットワーク環境を実現する、ソフトウェア「HP Velocity」>
昨今、ワークプレースの変化やBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)への対応に伴い、業務の生産性や安定性向上などの観点から、クライアント仮想化の導入が本格的に進んできています。常にネットワークに接続し、画面転送を行う仮想環境では十分な帯域を確保し、ネットワークの品質を維持することが必須になります。
「HP Velocity」は、パケットロスや輻輳(ふくそう)、ジッター(ゆらぎ)などの問題を改善し、ネットワークの品質を改善するソフトウェアです。特に画面転送や動画再生、音声会議、ストリーミングなど、リアルタイム性が求められるアプリケーションの利用時に効果を発揮します。また、拠点や自宅などのWAN環境からのアクセス、海外ネットワークからのアクセスなどパケットロスが発生しやすいネットワークや、無線LAN環境での利用にも効果的です。
「HP Velocity」は、今回発表の「t410」をはじめ、HPシンクライアントシリーズに無償でプリインストールされます(*3)。

*3: 「HP Velocity」対応製品についての詳細は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/velocity
 
なお、「HP Velocity」の発表に先立ち、テスト導入されたお客様から下記のようなコメントをいただいています。


株式会社ショーワ管理本部情報システム室 資産運用課主任 久保浩一様
「WiFi環境でのHP Velocityの導入効果を大きく実感しています。通信最適化機能が働き、動画の再生が格段に滑らかになりました。」
「ネットワークモニターの機能はレスポンス問題の切り分けに非常に有用で欠かせないものとなっています。このようなツールが充実していることで、シンクライアントの導入が非常にスムーズになるでしょう。」


「HP Velocity」の主な特長は以下の通りです。

≪パケットロスによる再送防止でスループットを改善≫
パケットロスが発生するとデータの再送信が行われるため、スループット(一定単位時間あたりの処理能力)が著しく低下します。「HP Velocity」では、パケットを複数のセグメントに分割して送信し、分割したセグメントの1つがロスしても最初のデータを回復することが可能です。これによりパケットロスを軽減すると同時にデータの再送信を防止することができ、処理能力の低下を防ぐことができます。

≪WiFiネットワークの有効帯域を最大約15%拡張≫
「HP Velocity」は、WiFiネットワークにおいてパケットの4分の3を占めるオーバーヘッド(通信確立のための追加処理分のパケット)を最適化することにより、有効なWiFi帯域を最大15%拡張することが可能です。これにより、遅延やジッターが減少し、高速なスループットを実現します。

≪リアルタイムなネットワークモニター機能で、問題発生時の迅速な対応を実現≫
「HP Velocity」をインストールしたクライアントとサーバー間のデータのやりとりやネットワークの状態をリアルタイムにモニタリング可能です。これらの情報は、モニターツールによって逐次確認でき、問題が発生した場合には迅速な対策が可能です。


<「Windows Embedded Standard 7P」搭載モデルをシンクライアントのラインアップに追加>
販売中のフラッグシップモデル「HP t610 Thin Client」、「HP t610 PLUS Thin Client」に、新たに「Windows Embedded Standard 7P」搭載モデルを追加します。
「Windows Embedded Standard 7P」は、マルチタッチや他国の言語に切り替えられる「マルチリンガルインターフェイス」に対応しています。案内表示版やデジタルサイネージ、POSなどタッチ操作が求められるシーンや、多言語対応が求められる空港など、従来以上により幅広い用途での活用が可能となります。
また、Applocker、Windows Defenderなどの機能をサポートし、単体利用時のセキュリティ機能も強化されています。


■ 「HP t410 Smart Zero Client」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/t410zero

■ 「HP Velocity」に関する情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/velocity

■ 製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://www.hp.com/jp/business_thinclient_pr


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
 (記事掲載時のお問合わせ先もこちらでお願いいたします。)
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/