プレスリリース: 2013年05月27日

日本HP、法人タブレット事業強化として、LTE対応モデルを投入

- 高速通信対応によりビジネスに快適なモバイル環境を提供 -


2013年5月27日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、安定した接続を実現する800MHz帯にも対応する通信モジュールを搭載した法人向けWindows 8タブレット、「HP ElitePad 900」LTEデータ通信モジュール搭載モデル(以下、「HP ElitePad 900 LTE対応モデル」)2機種4モデルを発表します。

新製品では、既存のWindows資産の活用、セキュリティや管理、運用面からの導入の容易さなど、「HP ElitePad 900」が従来から持つメリットに加え、ビジネスの機動性を高める高速通信に対応することにより、外出先や移動中にインターネットを快適に利用できるようになります。屋外でも通信が可能なため、店舗や営業職などに加え、建設現場やアミューズメントパークでの利用など、タブレットを活用した新たなビジネススタイルの可能性を広げます。

今回発表するのは、KDDIのLTE回線「au 4G LTE」に対応した「HP ElitePad 900 for au」と、NTTドコモのLTE回線「Xi(クロッシィ)®」に対応したモデル「HP ElitePad 900 for DOCOMO」です。これにより、拡大する法人向けタブレット市場でのさらなる拡販を目指します。日本HPは、今後も日本のビジネスのニーズに適した法人向けデバイスの開発、提供を進めていきます。

新製品は、日本HPのオンラインストアHP Directplus( http://www.hp.com/jp/directplus/ )、HP Directplusコールセンター、日本HP販売代理店、HP Directpartnerにて、6月中旬より順次、販売を開始します。

製品名HP Directplus価格販売開始日
HP ElitePad 900 for au
Windows 8モデル
91,350円
(税抜87,000円)
6月中旬
HP ElitePad 900 for au
Windows 8 Proモデル
111,300円
(税抜106,000円)
6月中旬
HP ElitePad 900 for DOCOMO
Windows 8モデル
91,350円
(税抜87,000円)
6月下旬以降
HP ElitePad 900 for DOCOMO
Windows 8 Proモデル
111,300円
(税抜106,000円)
6月下旬以降

主な構成
10.1インチワイド WXGA(1,280×800)ディスプレイ(デジタイザー内蔵&マルチタッチ、最大1,677万色、Corning® Gorilla® Glass 2、400nit高輝度パネル)、インテル® Atom™ プロセッサー Z2760、2GBメモリ(LPDDR2-533)、32GB/64GB SSD(eMMC)、IEEE 802.11a/b/g/n+ Bluetooth 4.0、LTEモジュール、NFCリーダー(セキュアエレメント対応)、MicroSDスロット、内側:1080p WEBカメラ、外側:8メガピクセル WEBカメラ(LEDフラッシュライト付き)、SRS Audio、Windows 8 32bit/ Windows 8 Pro 32bit


「HP ElitePad 900 LTE対応モデル」の主な特長は、以下の通りです。

<LTE対応でビジネスに快適なモバイル環境を提供>
「HP ElitePad 900 LTE対応モデル」は、多彩な周辺機器とソフトウェアに対応するWindows 8を搭載し、米軍調達基準「MIL-STD-810G」をクリアする堅牢性を備えたビジネス仕様のタブレット「HP ElitePad 900」に、KDDI(au)およびNTTドコモ、それぞれの相互接続試験をパスしたLTE対応モジュールを搭載する製品です。ビジネス用途に考え抜かれた「HP ElitePad 900」が備える機能性に、800MHz帯にも対応するLTE高速通信の機動性が加わることにより、ビジネスのニーズに応える快適なモバイル環境を提供します。
例えば、Microsoft® Lync®を活用すれば、「HP ElitePad 900」内蔵の高解像度カメラとLTEの高速通信環境によって、いつでもどこでも、ストレスなくビデオ会議を行うことも可能になります。

 
<モバイルデバイス管理のための新サービス、
  NFCリーダーを使った本人認証など、セキュリティ機能が充実>

「HP ElitePad 900 LTE対応モデル」の発表にあわせ、外出先で安心してタブレットを利用できるよう、新しいモバイルデバイスマネージメント(MDM)サービス、「Computrace サービス」を5月30日より提供開始します。
従来から、「HP ElitePad 900」には現在位置の確認や遠隔操作によるPCロック、データ消去などが可能なソフトウェア「Find My PC(4年間有効)」が無償バンドルされていました。今回より提供を開始する「Computraceサービス」では、ソフトウェアの更新・追加状況、端末の持ち出し状況の管理、紛失/盗難時の端末回収(*1)など複数台のタブレットを一括して管理することが可能となり、より効果的なモバイルデバイスの管理を実現することができます。

製品名HP Directplus価格販売開始日
<Computraceサービス>
Computraceデータプロテクションサービス
4,200円~
(税抜4,000円~)
5月30日
ComputraceOneサービス
 (「Computraceデータプロテクション
サービス」に端末回収サービスを追加)
5,565円~
(税抜5,300円~)
5月30日

*1: ComputraceOneサービスでの提供

また、「HP ElitePad 900」に搭載されていたセキュアエレメント付きのNFCリーダーを活用した本人認証についても、大手セキュリティソリューションベンダー、ジャパンシステムの「ARCACLAVIS」、ソリトンシステムズの「SmartOn」における動作検証が完了しました。これにより、ICカード認証によるログイン制限、USBメモリやネットワーク接続の利用制限も可能になりました。キーボードがないため、パスワード入力による認証が手間になりがちなタブレットであっても、ICカード認証を導入することで、より高いレベルのセキュリティ管理を実現することが可能です。


<PC並みの拡張性を実現する多彩なジャケットなど、オプションも販売開始>
本体はシンプルなデザインで薄型軽量を実現しつつ、オプションのジャケットを装着することで優れた拡張性も実現する「HP ElitePad 900」の「ジャケット・コンセプト」は、「HP ElitePad 900 LTE対応モデル」にも踏襲されています。
今回、「HP ElitePad 900」の使い方を広げる新たなオプションとして、ノートPCのように使えるキーボードとUSB2.0やSDカードスロットなどのインターフェイスを備えた「HP ElitePadキーボードジャケット」、過酷な現場への持ち込む際にも安心な「HP ElitePad ハンドル付きプロテクションケース」を販売開始します。また、一度に10台の「HP ElitePad 900」をはじめとした各種タブレットを収納、充電することが可能なモジュールも販売します。タブレットを収納したモジュールは扉をロックすることもできるので、企業内でのデバイス管理にも貢献します。

製品名HP Directplus価格販売開始日
HP ElitePadハンドル付
プロテクションケース
8,400円
(税抜8,000円)
5月27日
HP ElitePadキーボードジャケット25,200円
(税抜24,000円)
6月中旬
HP マルチタブレット充電モジュール99,750円
(税抜95,000円)
6月中旬


■ HP法人向けタブレットに関する製品情報は以下のURLを参照してください。

 http://h50146.www5.hp.com/directplus/promotions/notebooks/elitepad/

■ 製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://www.hp.com/jp/business_notebook_pr


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL:0120-436-555
 HP Directplus PCサイト:http://www.hp.com/jp/directplus/
 モバイルサイト:http://h50205.www5.hp.com/m/