プレスリリース: 2013年10月04日

エンタープライズ向けスケールアウト型システムの普及を狙い「Canonical Ubuntu Server」の販売を開始

- 2U筐体に4サーバーの新モデル「HP ProLiant SL2500 Scalable System」など、最新プロセッサー対応製品を発表 -



2013年10月4日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、Linuxディストリビューション「Canonical Ubuntu Server」の販売を開始するとともに、マルチノードサーバーの新モデル「HP ProLiant SL2500 Scalable System」(以下、 HP ProLiant SL2500)をはじめとする最新プロセッサー対応の6ラインアップを発表し、スケールアウトソリューションのポートフォリオを拡充します。

現在、クラウドサービス、Eコマース、オンラインゲーム、エンターテイメントなど、大規模ユーザー向けのサービスがインターネットを介して提供されています。それらを提供するサービスプロバイダーは、1台あたりの単価を抑え、容易に増設可能なスケールアウト型サーバーと、最新の分散型ソフトウェアテクノロジーを採用することが多く、国内においても非常に多くの実績があります。昨今では、金融業・小売業・製造業などのエンタープライズ企業においても最新の分散型ソフトウェアテクノロジーの業務活用が始まっており、例えば、Hadoopを利用した業務ビッグデータの解析・分析システムによりビジネス機会を発掘する取り組みが拡大しつつあります。

本日、日本HPはスケールアウト型システムの用途の拡大と、顧客ニーズの多様化にお応えすべく、製品ポートフォリオを拡充します。
まず大規模なスケールアウト型システムに適したLinuxディストリビューション「Canonical Ubuntu Server」の販売を開始します。日本HPが提供する「Canonical Ubuntu Server」は、日本HPのコールセンターが窓口となり、Canonical社のサポートエンジニアとの協調体制の下で、HP ProLiantサーバーと「Canonical Ubuntu Server」のテクニカルサポートを一括対応します。
「Canonical Ubuntu Server」はライセンス/サブスクリプションが不要で、製品価格はテクニカルサポートの料金です。これにより、いつでもテクニカルナレッジをもったサポート体制にアクセスできる安心を得ながら、大量ノードのスケールアウト型システムをコスト効果高く導入することができます。

また同時に、インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v2 製品ファミリーを搭載した6ラインアップを発表します。新ラインアップとなるマルチノードサーバー「HP ProLiant SL2500」は、スケールアウト型システムに特化した製品の新モデルで、2Uラックマウント型の「HP ProLiant t2500 シャーシ」に最大4台の独立したサーバーノード「HP ProLiant SL210t Gen8 Server」を搭載します。各ノードの独立性や前面ホットプラグHDDなど、高いメンテナンス性は継続しつつ、最新のインテル Xeon プロセッサー E5-2600 v2 製品ファミリーを最大2基搭載し、従来モデルの2倍以上のメモリ容量を実現したほか、新たに最大96%変換効率を実現する80 PLUS Titaniumパワーサプライや直流電源に対応し、業界最高レベルの省スペースと省電力を実現しています。シャーシの奥行きは標準的なラックに入るサイズで設計され、既存環境への導入が容易です。

日本HPは、HP ProLiant スケーラブルライン(SL)や、HP Moonshot Systemといった、スケールアウト市場の多種多様なニーズ・用途にお応えするラインアップを提供しています。本日、高密度・省電力でありながら、可用性・信頼性を備えた新しいラインアップを強化することで、さらにお客様ニーズ、アプリケーション特性にマッチした製品の提供が可能になります。同時に、「Canonical Ubuntu Server」は現時点でx86アーキテクチャとARMアーキテクチャの双方に対応した主要OSであり、日本HPのスケールアウト市場向けOSラインアップとして非常に戦略的な製品です。独自のライセンスポリシーによりOSサポートコストを抑制しつつ、大規模システム構築・運用支援機能を利用可能で、さらに日本HPの一括サポートによるシステム安定性・信頼性の向上を付加することにより、「誰でも扱いやすい」スケールアウト型システムの導入を促進します。

本日発表の新製品は、以下の通りです。

【Canonical Ubuntu Server 製品】
製品名希望小売価格販売開始日
Canonical Ubuntu Server Standard
(1年 標準時間 サポート)
71,400円
(税抜68,000円)
10月4日
Canonical Ubuntu Server Standard
(3年 標準時間 サポート)
182,700円
(税抜174,000円)
10月4日
Canonical Ubuntu Server Advanced
(1年 24x7 サポート)
121,800円
(税抜116,000円)
10月4日
Canonical Ubuntu Server Advanced
(3年 24x7 サポート)
310,800円
(税抜296,000円)
10月4日

【インテル Xeon プロセッサー E5-2600 v2製品ファミリー対応】
製品名希望小売価格販売開始日
HP ProLiant SL2500 Scalable System
(*4ノード構成)
1,418,550円~
(税抜1,351,000 円~)
10月4日
HP ProLiant SL6500 Scalable System451,500円~
(税抜430,000円~)
10月4日
HP ProLiant BL460c Gen8458,850円~
(税抜437,000円~)
10月4日
HP ProLiant DL360p Gen8353,850円~
(税抜337,000円~)
10月4日
HP ProLiant DL380p Gen8401,100円~
(税抜382,000円~)
10月4日
HP ProLiant ML350p Gen8274,050円~
(税抜261,000円~)
10月4日


<「Canonical Ubuntu Server」の特長>
「Canonical Ubuntu Server」は、スケールアウト型システムに最適化されたオープンソースのLinuxディストリビューションです。日本HPは本日より、1年間もしくは3年間のソフトウェアテクニカルサポートの販売を開始します。「Canonical Ubuntu Server」はライセンス/サブスクリプションが不要で、製品価格はテクニカルサポートの料金です。これにより、いつでもテクニカルナレッジをもったサポート体制にアクセスできる安心を得ながら、大量ノードのスケールアウト型システムをコスト効果高く導入することができます。主な特長は以下の通りです。


「Canonical Ubuntu Server」は、LinuxカーネルをベースとするOpenStack対応OSで、軽量・高速でハードウェア性能を最大限引き出すことができるほか、インストールの容易さと優れた操作性を備えています。またセキュリティツールとしてAppArmorを標準搭載し、よりセキュアな環境を構築可能です。OSデプロイツール「MaaS」(Metal as a Service)や、サービスOrchestrationツール「Juju」も標準機能として利用することができるため、大規模なスケールアウト型システムの構築を容易にします。
 日本HPが提供する「Canonical Ubuntu Server」でサポート対応するバージョンは、Ubuntu 12.04 LTS以降で、現在販売中の2ソケット以下のHP ProLiant サーバーのすべてで、すでに動作認定を完了しています。日本HPは1年間もしくは3年間のソフトウェアテクニカルサポートを提供し、標準時間サポート(平日日勤帯対応)の「Standard」と、24×7サポート(年中無休24時間対応)でクラスタリング/HA構成に対応*する「Advanced」の2種類を用意しています。 
 サポートに際しては、OSからハードウェアまで含めて日本HPのコールセンターが一括窓口となり、お客様のスケールアウト型システムをトータルでサポートします。問題解決を迅速化するため、バックエンドに専任サポートチームを編成しCanonical社のサポートエンジニアと協調の上で、問題の切り分け・解決を実現します。

* クラスタリング/HAの保守サポートは、2014年1月1日対応開始予定


<「HP ProLiant SL2500 Scalable System」の特長>
「HP ProLiant SL2500」は、サービスプロバイダーなどスケールアウト型システムの運用に特化したマルチノードサーバーの新モデルで、2Uラックマウント型のシャーシに最大4台の独立したサーバーノードを搭載します。従来モデル「HP ProLiant DL2000」に比べ、各サーバーのパフォーマンス、拡張性、管理性、省電力性いずれも大幅な向上を実現しています。主な特長は以下の通りです。

 最新のインテル Xeon プロセッサー E5-2600 v2製品ファミリーを最大2基搭載。12コアモデルから3.3GHzの高クロックタイプまで幅広い選択肢を提供
 従来モデルの2.7倍となるメモリ容量(サーバーあたり最大512GB)と、最大24台の2.5インチまたは最大12台の3.5インチ 前面ホットプラグ対応SAS/SATAディスクを搭載可能につき、サーバーあたりの拡張性が向上
 シャーシ奥行きも含め、業界標準19インチラックに入る物理設計により、既存環境への容易な導入が可能
 業界最高水準のAC/DC変換効率(最大96%)を実現する80 PLUS Titaniumパワーサプライに対応した他、新たに直流給電用のDC -48V、DC 380V パワーサプライにも対応し、従来モデルを上回る電力効率を実現
 “自働サーバー”のコアとなるiLOマネジメントエンジンを搭載し、管理性を大幅に向上


<Canonical社について>
Canonicalは、Ubuntuプロジェクトの商用スポンサーであり、Ubuntuのエンタープライズユーザーへの導入に対して世界で第一位のサポートサービスプロバイダーです。

Ubuntuは、デスクトップ、サーバー、クラウド・コンピューティング全てに無料で利用できる、オープンソースのOSです。2004年に提供され始めて以来、フォーチュン500企業、機器メーカー、コンテンツ・プロバイダー、ソフトウェア開発者、そして技術開発を行っている個人に至るまで、様々な方々に自然と利用されるようになってきました。

世界中に配置された開発者、サポートスタッフ、開発センターを持つことで、CanonicalはUbuntuを利用される方々に、他に類を見ない形でサポートを提供しています。また、種々のプラットフォームでシームレスに利用できるクラウドサービス「Ubuntu One」も運営しています。

Canonicalは、イギリスに本社を持つ株式未公開企業です。


■ 新製品に関する製品情報は以下のURLを参照してください。

 http://www.hp.com/jp/proliant_20131004

製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/library/proliant/

■ 日本HPプレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/