プレスリリース: 2014年05月27日

データセンターおよびキャンパスネットワーク対応製品とSDNアプリケーションを発表

- 100G bpsイーサネット対応を想定したシャーシ型スイッチや次世代規格を採用した無線アクセスポイント、ネットワークエッジで活用するSDNアプリケーションを発表 -



2014年5月27日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、社長執行役員:ジム・メリット)は本日、ネットワーク環境の全体最適化を目的としたデータセンターおよび、キャンパスネットワーク向けの製品ラインアップを拡充し、 さらに、Software-Defined Networking (以下、SDN) に対応するアプリケーションを提供開始します。

本日発表の主な新製品は以下の通りです。

・データセンターネットワーク向けシャーシ型L3スイッチ「HP FlexFabric 12518E Switch」「HP FlexFabric 12508E Switch」
・キャンパスネットワーク向けIEEE 802.11ac対応無線アクセスポイント 「HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point」
・マイクロソフト社製のユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UC&C)ツールと連携するSDN対応アプリケーション「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」
・HPが運営するセキュリティ情報に関するデータベース「TippingPoint Reputation Digital Vaccine(以下、Reputation DV)」と連携し様々な脅威からネットワークを守るSDN対応アプリケーション「HP Network Protector SDN Application

昨今、モノのインターネット(IoT:Internet of Things)が急速に拡大しており、企業が取り扱うデータ量は爆発的に増加し予測困難な状態にあります。データセンターでは、仮想化技術によるサーバーおよびストレージの集約が進み、通信トラフィック量が急激に増大しつつあります。これにより、大量の通信トラフィックを低遅延で高速処理できるシンプルでフラットなネットワークの再構築が求められています。
こうした市場背景を踏まえ、次世代データセンターのニーズを満たすネットワーク製品として、より高速・高密度で10G bpsおよび40G bpsそして、将来的には100G bpsイーサネットなど多様なインターフェイスを搭載可能なネットワークのコアを担うシャーシ型L3スイッチ「HP 12500 Switchシリーズ」の新モデルとして、スイッチング性能を75%増強した「HP FlexFabric 12518E Switch」、「HP FlexFabric 12508E Switch」を発表します。本製品群は低遅延で高速なパケット処理を行うとともに、高い信頼性の確保のためにNon Stop RoutingおよびNon Stop Forwarding / Graceful Restart機能を実装しています。また、OpenFlowに対応し次世代ネットワークのコアを担う製品として充分な機能と信頼性を高い費用対効果で実現します。

一方、キャンパスネットワークにおいては、ワークスタイルの多様化が加速し、スマートフォンやタブレット等を活用したシステムへのアクセス要求が急増し、無線ネットワークインフラの整備に関する需要が高まっています。
これらのニーズに対して、IEEE 802.11acに対応した無線アクセスポイント「HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point(以下、HP 560)」を発表します。「HP 560」は最大1.3G bpsの無線通信速度を提供し、既存製品と比較して約3倍のパフォーマンスを提供します。また、無線ネットワークの最適化を実現する「Wi-Fi Clear Connect」機能にて、無線の混雑状況に応じた「チャネルの最適化」や「パフォーマンスの平準化」、「パケット送信のスケジューリングを調整した輻輳の回避」などをリアルタイムに実施し、自律した高品質の無線ネットワークを提供いたします。また今後、「HP 560」はOpenFlowに対応することで、SDN環境において有線および無線ネットワークを区別することないネットワークの統合制御を実現します。

HPはSDNソリューションのポートフォリオ拡充を進めており、構成要素であるインフラストラクチャー層、コントロール層、アプリケーション層の3層すべてにおいて対応する製品やコンサルティングサービス等を提供しています。今回アプリケーション層を担う製品として「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」と「HP Network Protector SDN Application」を発表します。本製品群はOpenFlowの適用箇所をキャンパスネットワークの終端(エッジ)にフォーカスしています。既存ネットワークのSDN化への移行の検討において、端末が接続される終端のネットワーク集線機器をOpenFlow対応機器とすることにより、既存のネットワーク資産を流用しながらアプリケーションと連携するSDNのメリットを低コストで実装することが可能です。
「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」は、「Microsoft Lync」と「HP VAN SDNコントローラー」が連携するインターフェイス製品で、UC&Cに関する通信帯域幅がOpenFlowを活用して動的に最適化されます。通常、各スイッチが利用出来る帯域幅は静的に割り当てられているため、映像や音声の通話品質が低下してしまうケースも少なくありませんでした。本製品では「Microsoft Lync」のユーザーに適正なポリシーを動的に実装し、UC&Cに関する満足度(QoE)の向上を実現します。
「HP Network Protector SDN Application」は、HPが提供する「Reputation DV」と「HP VAN SDNコントローラー」が連携するインターフェイス製品で、ネットワークの終端部分にリアルタイムなセキュリティの確保を実現します。「Reputation DV」は数百万件もの悪意のあるIPアドレスやドメインネームが登録されリアルタイムで更新されています。ネットワークにアクセスしてきたユーザーのトラフィックを「Reputation DV」と照合し、様々な脅威からユーザーデータとプライバシーをプロアクティブに防御します。

本日発表の新製品の特長は以下の通りです。


<「HP FlexFabric 12518E Switch」、「HP FlexFabric 12508E Switch」>
「HP FlexFabric 12500E Switch シリーズ」は、高性能・高信頼の大規模L3ネットワークを実現するデータセンター向けシャーシ型スイッチです。18スロットモデル「HP FlexFabric 12518E Switch」と8スロットモデル「HP FlexFabric 12508E Switch」において、シャーシ、MPU、Switching Fabricモジュールを一新し、大幅な機能強化を行いました。

製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP FlexFabric 12518E Switch56,460,000円~2014年5月27日
HP FlexFabric 12508E Switch31,316,000円~2014年5月27日

主な特長

・シャーシとMPU、および内部バスを構成するSwitching Fabricモジュールの強化により、スイッチング性能が75%増加
・「HP FlexFabric 12518E Switch」では、40GbEを最大288ポート、10GbEを最大864ポート実装可能
・仮想シャーシ機能「HP IRF」により、最大4台のシャーシの接続に対応
・1M FIB エントリーによる大規模L3ネットワークを実現
・Non Stop Routing機能(IPv4 OSPF/IS-IS)およびNon Stop Forwarding/Graceful Restart機能をサポートし、止まらない高信頼のL3ネットワークを実現


<「HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point」>
「HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point」は、最新の無線ネットワークにおける規格であるIEEE 802.11ac(最大1.3Gbps)に対応した無線ネットワーク用アクセスポイントです。

製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP 560 802.11ac Dual Radio
Access Point
178,000円2014年5月27日

主な特長

・最大1.3GbpsのIEEE 802.11a/n/ac(5GHz)、および最大450MbpsのIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)に対応
・Wi-Fi ClearConnect機能により無線干渉源を特定し、電波出力を自動的に調整、チャネルの変更が可能
・平等な無線アクセス機能(Airtime Fairness)をサポート
・侵入検出機能を備える包括的な無線LANセキュリティ(WIPS)により、脅威から保護
・今後のバージョンアップでOpenFlowに対応可能
・追加コストなしでライフタイム保証と3年間24時間の電話サポートを提供


<「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」>
「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」は、マイクロソフト社のUC&Cツール「Microsoft Lync」と「HP VAN SDNコントローラー」との連携を行うソフトウェアです。「Microsoft Lync」を利用したネットワークトラフィックを動的に最適化し、ユーザーの使用感を大幅に向上します。

製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP Network Optimizer
SDN Application for Microsoft Lync
500,000円~2014年5月27日

主な特長

・UC&Cの利用にかかるネットワークトラフィックを動的に最適化することにより、ユーザーのコール品質を向上
・OpenFlowを利用することにより複雑な設定を行う必要がなく、管理者の作業負荷を軽減
・UC&Cに関するトラフィックの可視性と制御性を向上することで俊敏性の高いIT環境を実現


<「HP Network Protector SDN Application」>
「HP Network Protector SDN Application」は、HPがグローバルで提供しているセキュリティに関するデータベース「Reputation DV」と「HP VAN SDNコントローラー」を連携するソフトウェアです。「Reputation DV」を活用し、ネットワークの終端でリアルタイムにセキュリティを適用することで、不正アクセスやサイバー攻撃などの脅威から機密情報や個人情報をプロアクティブに防御します。

製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP Network Protector
SDN Application
250,000円~2014年5月27日

主な特長

・リアルタイムの防御を行うことで、ユーザーデータとプライバシーを脅威から常時保護
・「Reputation DV」との連携により、IT上の脅威をプロアクティブに検出
・専用のセキュリティデバイスを用意する必要性が減るためコストの低減が可能


新製品に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/networking_20140527/

製品写真ライブラリ (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://www.hp.com/jp/networking_pr/

日本HPプレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/