プレスリリース: 2014年06月11日

日本HP、大判プリンターのラインアップ拡充

- ハイエンドグラフィックス向けプリンターを対象に、新たな保守サービスを提供開始 -



2014年6月11日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、社長執行役員:ジム・メリット)は、サインディスプレイ向け大判プリンター「HP Latexシリーズ」、グラフィックス向け大判プリンター「HP Designjet Zシリーズ」、およびテクニカル向け大判プリンター「HP Designjet Tシリーズ」の新製品を発表します。また、ハイエンドグラフィックス向けプリンターを対象に、対応日時やサービス内容を拡充した新たな保守サービス「HPハイバリューグラフィックスサポート」を提供開始します。
合わせて、グラフィックス向け大判プリンター「HP Designjet Z5400 PS ePrinter」本体と、「HP Designjetシリーズ」の保守サービスの価格改定を行います。


【新製品一覧】
サインディスプレイ向け大判プリンター:
 HP Latex 310 プリンター/HP Latex 330 プリンター/HP Latex 360 プリンター
グラフィックス向け大判プリンター:
 HP Designjet Z6600/HP Designjet Z6800
テクニカル向け大判プリンター:
 HP Designjet T7200/HP Designjet T795 ePrinter


新製品の主な特長は以下の通りです。


■ サインディスプレイ向け大判プリンター
「HP Latexプリンティングテクノロジー」は、2008年に発表して以来、全世界で19,000台以上の販売台数を誇り(*1)、大判プリンターの新たなカテゴリを確立しました。第3世代の水性「HP Latexインク」を搭載した「Latex 300シリーズ」は、乾燥工程をより効率化し、従来に比べ低温で高速プリントが可能となることで、短納期を実現します。また、優れた耐久性とプリント品質はそのままに、熱に弱い素材など対応する素材が広がり、屋内外のサイングラフィックスやインテリア市場向けなど多彩なアプリケーションに対応可能となります。
新製品「Latex 300シリーズ」は、本体価格、プリントサイズ、生産レベルに応じて3モデルを提供することで、小規模のサイン業者から大規模の出力センターまで幅広いニーズに対応します。


≪第3世代「HP Latexプリンティングテクノロジー」により、
                    擦過性、素材対応力、生産性を大幅に向上≫
「Latex 300シリーズ」に搭載した第3世代「HP Latexプリンティングテクノロジー」は、新「HP 831 Latex インク」、「HP Latexオプティマイザー」を採用し、塩ビ粘着フィルムや塩ビバナーなどへのプリントにおいて、ハードソルベント(溶剤)インクと同等の擦過性(*2)を備えるとともに、新型の「HP Latex 831プリントヘッド」により、優れた生産性とプリント品質、安定した色の一貫性を両立します。さらに、「HP Latexインク」は無臭のため(*3)、より健康的な作業環境(*4)を実現します。また、完全に乾燥した状態でプリントされるため、出力後即時に加工や納品、施工が可能です。


製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP Latex 310 プリンター1,780,000円6月12日
HP Latex 330 プリンター2,480,000円6月12日
HP Latex 360 プリンター2,980,000円6月12日

• 「HP Latex 310 プリンター」:
最大54インチ(1,371mm)幅に対応するエントリーモデル「HP Latex 310 プリンター」は、素材の取り付けやインク交換など全ての作業を前面で行えるため、スペースを最大限に活用できます。また、RIPソフトウェア「SAi Flexi Print HP Edition」を標準搭載します。

• 「HP Latex 330 プリンター」:
最大64インチ(1,625mm)幅に対応する「HP Latex 330 プリンター」は、より大判で重量のあるロール紙への対応、屋外品質24.8平米/時、屋内品質12.4平米/時のプリントスピードなどにより、アプリケーションの汎用性を高めます。さらに、RIPソフトウェア「SAi Flexi Print HP Edition」も標準搭載しています。

• 「HP Latex 360 プリンター」:
最大64インチ(1,625mm)幅に対応するハイエンドモデル「HP Latex 360 プリンター」は、屋外品質31.1平米/時、屋内品質17.1平米/時のプリントスピードを実現します。さらに、メッシュ素材やライナーのないテキスタイルへのプリントを可能にする「インクコレクター」を搭載することで幅広い素材に対応します(*5)。両面プリントも可能なため、高付加価値アプリケーションにも対応可能です。


■ グラフィックス向け大判プリンター
新製品「Z6600」と「Z6800」は、従来の「HP Designjet Zシリーズ」と比べてプリントスピードが最大50%向上し、生産性の強化に貢献します(*6)。さらに、高い品質が求められる屋内用途や美術品向けに、出力物は最長200年の耐久性を備えます(*7)。
また、グラフィックス向け大判プリンターで初めてダブルロール機能を搭載し、6色インクシステムやRIPをハードウェアに標準搭載する「HP Designjet Z5400 PS ePrinter」について、6月12日付けで価格改定を行います。


製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP Designjet Z66001,678,000円6月12日
HP Designjet Z68002,178,000円6月12日

【価格改定】

製品名旧価格新希望小売価格(税抜)
HP Designjet Z5400 PS ePrinterオープン価格548,000円

• 「HP Designjet Z6600」:
「Z6600」は、高生産性のポスターやPOP向けのプロダクションプリンターで、インクの使用量を従来比最大30%減らすことができるなど(*8)、6色インクシステムによる最適なインク構成により、時間とコストを削減しながら効率的なプリントが可能です。

• 「HP Designjet Z6800」:
「Z6800」は、写真品質と高速プリントを両立したフォトプロダクションプリンターです。高速かつ高品質のプリントを実現するために、内蔵分光測光器(*9)などの先進的なカラーマネジメント機能の搭載に加え、「HPクロムレッド」を含む8色インクシステムを採用し幅広い色域を再現します。また、お客様のニーズに合わせ、厚手コート紙、フィルム系、キャンバス系などの特殊素材でプリント速度を最大25%高速化し、生産性を向上しました。


■ テクニカル向け大判プリンター
日本HPは、ハイボリュームのプロダクションプリントのニーズに対応した新製品とソフトウェアを提供開始します。これらのソリューションは、CADやGIS、企業内印刷部門、デザイン事務所、小中規模のリプログラフィック事務所などの幅広いプリントニーズに対応します。


製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP Designjet T72001,440,000円6月12日
HP Designjet T795 ePrinter428,000円6月12日

• 「HP Designjet T7200」
「T7200」は、B0サイズに対応するCAD、GIS向け高速大判プリンターで、標準で2本のロール紙に対応し、オプションで最大3本のロール紙を搭載できます。また、カラー、モノクロ共に普通紙から光沢フォト用紙まで幅広いメディアに対応し、モノクロの電子写真方式広幅プリンターと比較して低コストで運用することが可能です(*10)。

• 「HP Designjet T795 ePrinter」
「T795」は、CAD向けの大判プリンター「HP Designjet T790 44inch ePrinter」の後継機です。ネットワーク機能をFast Ethernet(100BASE-T)からGigabit Ethernet (1000BASE-T)に強化し、大容量データにも余裕のある転送速度を確保します。

• 「HP Designjet SmartStream」ソフトウェア
「HP Designjet SmartStream」は、印刷のワークフロー全体を合理化するソフトウェアです。本ソフトウェアに搭載の「HP Crystal Preview technology」により、高精細なプリントプレビューを可能にするとともに、「プリフライト機能」により、用紙サイズや印刷方向などのエラーを自動検知し、ワンクリックで自動修正が行えます。これにより、複数ページの印刷ジョブの準備の時間を約50%削減することが可能(*11)となり、要求が高いプリント環境において、効率的に印刷の管理を行えます。本ソフトウェアは、「HP Designjet T7000シリーズ」にオプションで対応します。


■ 保守サービス
新製品「HP Latex 300シリーズ」や「HP Designjet Z6000シリーズ」などのハイエンドグラフィックス製品向けに、「HPハイバリューグラフィックスサポート」を提供開始します。
本サービスは、専用のコールセンターを設置し、高い技術を持つ専任エンジニアがトラブル時の受付から問い合わせ相談、不具合対応まで、一貫したワンストップサポートを提供します(*12)。平日の受付時間の大幅拡張に加え、土日祝日の受付に対応するなど、今まで以上に付加価値の高い保守サービスを提供し、ユーザーが安心して利用できるサポート環境を実現します。新製品は本体発売開始日より、その他の対象製品は7月1日より提供を開始します。「HPハイバリューグラフィックスサポート」に関する詳細な情報は、以下のURLを参照してください。 http://www.hp.com/jp/dj-newsupport

合わせて、既存の「HP Designjetシリーズ」の保守サービスの価格改定を行います。保守サービスの価格改定に関する情報は、以下のURLを参照してください。 http://www.hp.com/jp/DJ-Carepacknew


*
1: 出典:2014年度第1四半期のHPの発表。 
*2: HP Image Permanence Labによる予想値。擦過耐性の比較は、「HP Latex インク」と代表的なハードソルベントインクのテストに基づくものです。屋外での性能テストは、「HP Latexインク」を使用して、SAE J2527に従ってHP純正素材を含むさまざまな素材で実施。テストは、直射日光や雨、高温や低温といったさまざまな環境を再現した屋外ディスプレイ環境で 垂直方向に掲示し実施。環境条件により結果が異なる場合があります。ラミネート加工の性能テストは、「HP Clear Gloss Cast Overlaminate」を使用。特定の素材の性能によって結果が異なる場合があります。
*3: 一部の素材では、特有の臭いが発生することがあります。
*4: HP Latex インクテクノロジーと2013年12月時点で市場をリードする競合製品との比較と、公表されているMSDS/SDSおよび社内評価の分析に基づきます。競合製品およびインクは、テクノロジーや配合によって特定の属性に関する性能が変わることがあります。米国OSHA(職業安全衛生法)の要件を満たす上で、特別な換気装置(空気ろ過)は不要です。各地域の要件・規制については、お客様にてご確認ください。「HP Latexインク」は、米国環境保護庁の311条(Method 311)により、2013年に有害大気汚染物質のテストを実施し、汚染物質は検出されませんでした。「HP Latexインク」は、ニッケルフリーとしてUL ECOLOGO®認証を受けています。UL 2801に対するUL ECOLOGO認証は、健康や環境への配慮に関する厳格な基準を満たしていることを示しています。(ul.com/EL参照)
*5: 性能は素材によって異なります。詳細については、 www.hp.com/go/mediasolutionslocatorを参照ください。最高の結果を得るためには、伸縮しないテキスタイルをご使用ください。インクコレクターは、メッシュ素材へのプリント時に必要です。
*6: 「HP Designjet Z6100」との比較。(HP調べ)
*7: HP Image Permanence LabおよびWilhelm Imaging Research, Inc.が、HP製各種素材に対して直射日光の当たらない環境で行った、室内ディスプレイの耐久性評価。詳細については、www.hp.com/go/supplies/printpermanenceを参照ください。
*8: 「HP Designjet Z6100」との比較。(HP調べ。光沢素材を使用し、生産モードでプリントした場合。)
*9: X-Rite社製。
*10: プリント速度7 Arch Dページ/分までのローエンド電子写真方式広幅プリンターとの比較。
*11: 50ページの資料を複数台のプリンターでプリントした場合と、同等のソフトウェアを使った場合のテスト結果。(HP調べ)
*12: 訪問作業のご提供を保証するものではありません。


■ 新製品、新サービスに関する情報は以下のURLを参照してください。
 HP Latexプリンターについて: http://www.hp.com/jp/latex
 HP Designjet プリンターについて: http://www.hp.com/jp/designjet

■ 製品写真ライブラリは、以下のURLを参照してください。
 HP Latexプリンター: http://www.hp.com/jp/wfp_pr/
 HP Designjet プリンター: http://www.hp.com/jp/designjet_pr/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先:
 カスタマー・インフォメーションセンターTEL: 0120-436-555
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/