プレスリリース: 2014年10月09日

高いパフォーマンスにより生産性の向上に貢献するワークステーションの新製品を発表


2014年10月9日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、社長執行役員:ジム・メリット)は、高速なメモリとプロセッサー並びに最新技術を採用したHPのワークステーション「HP Z Workstation」シリーズの新製品を発表します。

「HP Zデスクトップワークステーション」と「HP ZBookモバイルワークステーション」は、製造業での3D CAD/CAM/CAE、建設業でのBIM/CIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング/コンストラクション・インフォメーション・モデリング)、エンターテインメント業界での3D CG、アニメーションやビジュアルエフェクト、フォトレタッチやグラフィックデザイン、医療業界での画像処理や電子カルテ、金融トレーディング、石油/ガス探索など、高度な計算を必要とする業界に最適なソリューションとして設計されています。今回、以下の新機種が新たに追加されました。

製品名HP Directplus価格(税抜)販売開始日
HP Z840 Workstation231,500円~10月下旬
HP Z640 Workstation266,500円~10月下旬
HP Z440 Workstation138,500円~10月下旬
HP ZBook 17 G2 Mobile Workstation340,000円~11月上旬
HP ZBook 15 G2 Mobile Workstation216,000円~11月上旬


「HP Z840 Workstation」、「HP Z640 Workstation」、および「HP Z440 Workstation」は最新のIntel® Xeon®ファミリー(*1)のプロセッサーを搭載し、NVIDIA®およびAMDの最新のプロフェッショナル向けグラフィックスを選択可能。

「HP ZBook 17 G2 Mobile Workstation」、「HP ZBook 15 G2 Mobile Workstation」は、最新のクアッドコアのプロセッサーや、ISV認定済みのNVIDIA Quadro®プロフェッショナル向けグラフィックスカードなどを搭載。


新製品は、日本HPのオンラインストアHP Directplus( http://www.hp.com/jp/directplus/ )、HP Directplusコールセンター、日本HP販売代理店、HP Directpartnerにて、10月下旬より順次販売を開始します。 


新製品の主な特長は以下の通りです。


<HP Zデスクトップワークステーション>
「HP Z Workstation」新製品では、Adobe®、Autodesk、Avid、Dassault、ESRI、SolidWorks、Siemensをはじめとする、動作確認済みの多数のアプリケーションが利用可能です。この新しい「HP Z Workstation」のシリーズには、大容量ファイル転送時などのスループット改善のためにThunderbolt™ 2 PCIeカード(*2)、SATAのスループットのボトルネックを解消したPCIe接続のSSDである「HP Z Turbo Drive」、システム監視と使用環境に適した最適なチューニングを行うための「HP Performance Advisor(*3)」、およびグラフィックを多用するアプリケーションを遠隔から使用するための「HP Remote Graphics Software(*4)」が搭載されています。Microsoft Windows 7または8.1に加え、Ubuntuを含むLinuxにも幅広く対応しています。

「HP ZWorkstation」はすべて、ツール不要でサービス可能なシャーシ、安全に持ち運ぶために本体に組み込まれたハンドル、およびケーブル配線不要の設計を備え、画期的なメインテナンスのしやすさ、および卓越した拡張性を実現しています。これらのワークステーションにはモバイル機器用の急速充電機能付きのUSB3.0ポート、アプリケーションのパフォーマンスを改善する14%高速化されたDDR4メモリ、およびシステムのパフォーマンスを高めると共にセキュリティを強化するBIOSの改善が組み込まれています。

デュアル・プロセッサー構成が可能な「HP Z840 Workstation」はハイエンドのコンピューティングとグラフィックスを目的として設計され、卓越したパフォーマンスおよびツール不要のメインテナンス性を拡張性に優れたシャーシに収めています。この優れた拡張性を支えるため、7個の拡張スロット、最大6個までの拡張ベイ、16個のメモリスロットが装備され、また最大2TBまでのメモリがサポートされています(*5)。

「HP Z640 Workstation」はコンパクトな筐体ながら、18コアのデュアル・プロセッサー構成により、最大36コアを搭載可能、またメモリを最大256GBまで搭載可能で、コンピューティングと視覚化のための大きなパワーを備えています。「HP Z640 Workstation」のツール不要のシャーシにはハンドルとツール不要の電源が組み込まれ、設置スペースに制約のある環境において静音性に優れた動作を実現します。

「HP Z440 Workstation」は内部アクセスにツールを必要としないミニタワー筐体にプロフェッショナル向けの拡張性を備え、また従来モデルの「HP Z420 Workstation」と比較して2倍のシステムメモリを搭載可能です。
「HP Z440 Workstation」のシャーシは横幅が従来モデルより1cm程度スリムになり、この機種を顧客のカスタムソリューションに組み込む用途を含め、メインストリームのワークステーションユーザーに幅広く応えるよう設計し直されました。


<HP ZBookモバイルワークステーション>
ZBookモバイルワークステーションはツールを使用することなく取り外し可能なハードドライブを備え、画期的なアクセスしやすさを実現しています。
「Z Turbo Drive」などの新しいドライブオプションやThunderbolt 2による高速伝送により、生産性がさらに向上します。

*1: マルチコアは特定のソフトウェア製品のパフォーマンスを高めるよう設計されています。この技術はすべてのお客様またはソフトウェアアプリケーションに役立つわけではありません。64ビットのコンピューティングシステムが必要です。パフォーマンスはハードウェアとソフトウェアの構成により異なります。Intel社の品番はパフォーマンスを表すものではありません。
*2: ThunderboltはHPデスクトップワークステーションではオプション製品での提供、またはCTOでカスタマイズ可能です。ThunderboltケーブルとThunderbolt機器(別売)はWindows対応のものであることが必要です。機器がThunderbolt Certified for Windowsであるか否かの確認はhttps://thunderbolttechnology.net/productsをご覧ください。
*3: HP Performance Advisorの利用にはWindowsとインターネット接続が必要です。
*4: HP RGSにはWindowsとインターネット接続が必要です。
*5: ハードドライブについてはGB = 10億バイト、TB = 1兆バイトです。フォーマット後の実際の容量はこれよりも小さくなります。システムリカバリソフトウェア用に最大16GB(Windows 7)または最大30GB(Windows 8.1)のシステムデスクが使用されます。


■ HPワークステーションに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/workstation

■ 製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/workstation_pr


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555
 HP Directplusサイト: http://www.hp.com/jp/directplus/
 モバイルサイト: http://h50205.www5.hp.com/m/
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/