プレスリリース: 2015年10月15日

ワークスタイルの変化に対応し、高い信頼性と生産性を提供する法人向けPC製品を発表



2015年10月15日

株式会社 日本HP


株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史、以下「日本HP」)は、法人向けにノートPC、デスクトップPC、ビデオ会議システム、シンクライアント、ワークステーションの新製品を発表します。変化するワークスタイルに柔軟に対応する充実したラインアップにより、様々な仕事環境において高い信頼性と生産性をお客様に提供します。

ビジネス環境の変化の中で、企業はテクノロジーを活用してワークスタイルを変革し競争力を高めることが求められています。今回発表の新製品では、ワークスタイルの変化の中で求められるモバイル対応やマルチデバイス対応、遠隔環境とのコラボレーションといったビジネスニーズに対応し、オフィスの内外を問わず様々な環境において一層の生産性向上を図ることが可能なPC製品、シンクライアント、ワークステーション等を取り揃えました。

新製品は、日本HPのオンラインストアHP Directplus( http://www.hp.com/jp/directplus_smb )、HP Directplusコールセンター、日本HP直販営業、日本HP販売代理店、HP Directpartnerにて、順次販売を開始します。



■ノートブックPC

製品名HP Directplus価格(税抜)販売開始日
HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition

224,000円~

11月下旬

HP x2 210 G264,000円~11月中旬

「HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition」は、米軍調達基準MIL STD 810Gをクリアする頑丈さと薄型軽量を両立した筐体に、最新のWindows 10 Proをプリインストールし、Bang & Olufsenのチューニングによるスピーカーを搭載したスペシャルモデルです。デュアルマイクとデジタルプロセッシング技術の組み合わせによるノイズキャンセリング機能を搭載し、Cortana音声アシスタントやSkype for Businessを活用した社内外のコミュニケーションに、クリアな音声伝達を実現します。

「HP x2 210 G2」は約600g(タブレット部)と軽量な10.1インチの2 in 1タブレットで、キーボードを接続すればノートパソコン、画面を反対に取り付ければスタンド形状でサイネージ端末とさまざまな形状に变化自在な柔軟性を備えます。

その他ノートPCの以下の製品は、最新の第6世代インテル® Core™プロセッサーもしくはAMD第6世代AシリーズAPUや、Windows 10への対応などの製品強化を図りました。

製品名HP Directplus価格(税抜)販売開始日
HP EliteBook 725 G3 Notebook PC

118,000円~

11月下旬

HP ProBook 430 G3 Notebook PC

92,000円~

11月下旬

HP ProBook 450 G3 Notebook PC

78,000円~

11月下旬

HP ProBook 455 G3 Notebook PC

88,000円~

11月下旬

HP ProBook 470 G3 Notebook PC

127,000円~

11月下旬



■デスクトップPC

デスクトップPCの新製品は、通常消費電力6Wを下回る容積約1リットルのコンパクトなデスクトップPC「HP EliteDesk 800 G2 DM」をはじめとするハイエンド機「HP Eliteシリーズ」、継続的な導入をサポートするスタンダード機 「HP Proシリーズ」の計6製品です。第6世代のインテル Coreプロセッサーや全モデルでのWindows 10の対応、DDR4メモリ、USB TypeCポートなどの採用によりパフォーマンスと利便性の向上を図りました。

製品名HP Directplus価格(税抜)販売開始日
HP EliteDesk 800 G2 DM111,000円~10月16日
HP EliteDesk 800 G2 SF119,000円~10月16日
HP EliteDesk 800 G2 TW121,000円~10月16日
HP EliteDesk 705 G2 MT79,800円~10月26日
HP ProDesk 600 G2 SF105,000円~10月20日
HP ProOne 600 G2 All-in-One130,000円~10月26日

※販売開始時はインテル Core i5プロセッサーおよびインテル Core i7プロセッサーのみの提供となります。

〈ビジネスPCのセキュリティを高める「HP Sure Start」搭載機種を拡大〉
企業に対するマルウェアやその他の攻撃が増加し、ビジネスに影響を与えるようになってきている状況を踏まえ、HPでは業界初の自己修復機能を備え、BIOSレベルの保護を提供する「HP Sure Start」の搭載機種を、「HP EliteノートブックPCシリーズ」に加え「HP Elite デスクトップPCシリーズ」へと拡大します(*1)。
*1:「HP Sure Start」はHP Elite PCの旧機種の一部、および現行のHP Elite 700および800デスクトップおよびノートブックPC製品で利用可能です。

〈ビジネスPCの音響機能強化により、コラボレーションツールの活用時の生産性をアップ〉
Skype for Businessをはじめとしたコラボレーションツールを活用する企業が増え、ビジネス向けPCでもPCの音質は重要な機能の一つとなっています。今回発表の「HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition」ならびに「HP x2 210 G2」に、HPの個人向けPCでも導入しているBang & Olufsen社のオーディオシステムを搭載しました。これらの製品では、Bang & Olufsenの音響エンジニアによるカスタムチューニングが施され、ビジネスでの利用においても正確なサウンド出力を実現します。また、このサウンド体験をよりよいものにするため、両製品および今回発表のノートPC、一体型「HP ProOne 600 G2 All-in-One」には、周辺のノイズを削減しクリアな音質でWeb会議を実現する「DTS Studio Sound™」を標準搭載、バランスの取れた音声出力のための「HP Clear Sound Amp」も搭載しています。


■ビデオ会議システム

製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP Chromebox for Meetingオープン10月下旬

「HP Chromebox for Meeting」は、会議室へのHDビデオ会議導入を容易にする、パワフルかつ手頃な価格のビデオ会議システムです。設定が簡単で使いやすく、OSを問わず大半のPC、スマートフォン、あるいはタブレットから会議に参加し、Google Apps for Workを使って、画面共有、作図、文書編集などをリアルタイムで行うことが可能です。また、他のビデオ会議システムとも互換性を持ちます。多くのディスプレイやTVに接続でき、DisplayPortとHDMIポートによるデュアルディスプレイにも対応しているほか、VESAを使ったマウントも対応可能です。「HP Chromebox for Meeting」には、本体、HDウェブカメラ、強力なスピーカーとマイクによる明瞭な音声に加え、ボタンひとつで会議に参加することのできるワイヤレス・リモートコントローラが含まれています。


■シンクライアント

製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP mt42 Mobile Thin Client108,000円~10月15日

「HP mt42」は、Quad Core搭載のモバイルシンクライアントにおいて業界最薄、最軽量の製品です。重量1.54kg、薄さ18.9mmのコンパクトな筐体に、AMDクアッドコア・プロセッサーを搭載し、最速3.0GHzの処理性能を誇る本製品は、旧モデル「HP mt41モバイルシンクライアント」と比較してクロック数が10% 向上したほか、2コア分の処理能力も追加されています。また、14インチのフル HDディスプレイは、HPモバイルシンクライアントでは最高クラスの1,920 x1,080の解像度を備えます。「HP mt42」は、仮想環境での運用において高い信頼性と安全性を備えたモバイルクラウドアクセスポイントを求める金融、医療、研修、各種サービス業界の企業、公共機関に最適な製品です。


■ワークステーション

製品名HP Directplus価格(税抜)販売開始日
HP Z240 Workstation142,000円~12月上旬予定
HP Z240SFF Workstation133,000円~12月上旬予定

「HP Z240 Workstation」と「Z240SFF Workstation」は、「HP Z230」の後継機となるエントリークラスのワークステーションです。インテル第6世代プロセッサーを搭載し、オプションで「HP Z Turbo ドライブ」を選択可能です。ビデオ編集、MCAD/AEC、教育、公共分野、および画像を扱うビジネスのお客様に最適です。

「HP Z240」は、従来機と同一のコンパクトな筐体を維持しながら、より優れたパフォーマンス、より大きなストレージ容量、より多くの入出力ポート、およびより大きな柔軟性を実現しました。また、「HP Z240」と比較して57%コンパクトな筐体の「HP Z240 SFF」は、スペースを節約しながらパフォーマンスを維持しています。

今回、「HP Z Turbo ドライブ」用にM.2スロット(SFFとタワー型の両方に標準で1スロット装備)を内蔵したことで、PCIeスロットを使用することなく 「HP Z Turbo ドライブ」が搭載可能となりました。これにより、「HP Z Turbo ドライブ」の追加やThunderbolt™など他のデバイスの搭載も可能な柔軟性と拡張性を実現しました。

加えて、「HP Z240」は、オプションでダストフィルターを装着でき、システムへのほこりの侵入を軽減します。このダストフィルターを装着することで、フィルターを装着しない同一システムと比較した場合でほこりを最大47%軽減でき、デスクの下から製造工場まで、ほこりが問題となる作業環境にPCを設置するお客様に、より大きな信頼性と長期のシステム寿命を提供します。



法人向けノートPCに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/notebooks

法人向けデスクトップPCに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/desktops

シンクライアントに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/thinclient

ワークステーションに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/workstation

製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 法人向けノートPC:http://www.hp.com/jp/business_notebook_pr
 法人向けデスクトップPC:http://www.hp.com/jp/business_desktop_pr
 ビデオ会議システム、シンクライアント:http://www.hp.com/jp/business_thinclient_pr
 ワークステーション:http://www.hp.com/jp/workstation_pr

プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター
 TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
 HP Directplus PCサイト:http://www.hp.com/jp/directplus_smb
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/
 モバイルサイト: http://h50205.www5.hp.com/m/