プレスリリース: 2018年09月11日

POSの新ポートフォリオ「HP Engage」を発表

新たなソリューションが店舗での顧客体験を変革



2018年9月11日

株式会社 日本HP


株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史)は、小売業やサービス業での顧客体験を向上させるための新たなポートフォリオとして、「HP Engage(エイチピー エンゲージ)」を発表します。

小売業やサービス業は、店舗における顧客との関わりを強化し、インタラクティブでパーソナルな体験を可能にするテクノロジーをより一層求めています。そのため、販売員は顧客とのインタラクションを行えるように設計された汎用性のあるデバイスを使う必要があります。「HP Engage」は、小売業やサービス業における様々な要望に対応する汎用性とセキュアな環境を提供します。「HP Engage」は、デバイスをサービスとして提供する「HP Device as a Service」(エイチピー デバイスアズアサービス)」にも対応予定です。

新製品は、日本HP販売代理店を通じて9月20日より販売を開始します。

製品名希望小売価格(税抜)販売開始日
HP Engage Go Convertible System243,000 円~9月20日
HP Engage Go Mobile System160,000 円~9月20日
HP Engage Flex Pro Modular System140,000円~9月20日
HP Engage Flex Pro-C Modular System135,000 円~9月20日
HP Engage One All-in-One System
(HP ElitePOSより名称変更)
170,000円~販売中


《顧客との円滑なコミュニケーションを実現する「HP Engage Go Convertible System」と「HP Engage Go Mobile System」》
「HP Engage Go Convertible System」は、固定POS端末としてもモバイルPOSとしても利用可能なドッキングステーションを備えたソリューションです。主な特長は以下の通りです。

● スマートなデザインとシームレスなモビリティにより、小売業やサービス業における顧客体験を向上します。接客カウンターでも、カウンターから離れた売場でも、迅速な在庫確認、売上登録、決済を可能にします。

● 自己修復BIOS、ドックからの盗難を防止する新しいタブレットロック機能「HP Smart Dock」、オプションの指紋リーダーまたはNFCリーダーによる2要素認証により、顧客や企業の情報を守ります。

● Windows 10と第7世代インテル®コア™プロセッサーを搭載し、小売業やサービス業の厳しい利用環境に耐えるよう、米軍調達基準のMIL-STD 810Gに適合するように設計されています。

モバイルPOS「HP Engage Go Mobile System」は、「HP Engage Go Convertible System」と同様のデザイン、セキュリティ、耐久性を備えています。最大13時間のバッテリ駆動時間と「HP Fast Charge」を備えることでわずか30分で50%まで充電可能となり、店舗に加え特設会場や臨時店舗、宅配などの用途にも活用できます。

《高い機能を備える「HP Engage Flex Pro Modular System」と「HP Engage Flex Pro-C Modular System」》
「HP Engage Flex Pro Modular System」と「HP Engage Flex Pro-C Modular System」は、セキュリティを強化したモジュラー型POSシステムです。店舗からバックオフィスまでの様々な業務を柔軟に管理でき、厳しい環境に対応する高いパフォーマンスを備えています。「HP Engage Flex Pro-C Modular System」は、「HP Engage Flex Pro Modular System」と同じ機能を搭載し、従来製品( HP RP5 Retail System Model 5810)よりも約30%小型化しました。「HP Engage Flex Pro Modular System」と「HP Engage Flex Pro-C Modular System」の主な特長は以下の通りです。

● 豊富なインターフェイスによる高い拡張性、グラフィックボード、追加のネットワーク機能、アクセサリオプションの組み合わせによって、POSソリューション、ビデオ監視システム、組み込みコントローラー、デジタルサイネージなど様々な用途への活用を可能にします。

● Windows 10および第8世代インテル コア プロセッサー、インテル Optane™メモリなど最新のテクノロジーに対応します。インテルOptane SSD、SATAまたはM.2などのストレージオプションを、「HP Engage Flex Pro」については最大5つ、「HP Engage Flex Pro-C Modular System」については最大4つまで搭載できます。

● ハードウェアによる自己修復保護機能「HP Sure Start Gen4」を備えます。また、「HP Manageability Integration Kit」でOS全体にわたってシステムを管理し、「HP Sure Run」で重要なOSプロセスを維持し、「HP Sure Recover」でネットワークを通じてイメージを回復することができます。

《「HP Device as a Service」により「HP Engage」を提供》
「HP Engage」は「HP Device as a Service」に対応します。「HP Device as a Service」により最適なデバイスとライフサイクルのサービスを提供することで、IT部門における管理やサポートなどの業務負担を軽減することができます。また、「HP Device as a Service」の分析とプロアクティブな管理機能により、使用可能なデバイスの健全性を分析し、予測分析を得ることにより、デバイスの潜在的な問題やセキュリティ上のリスクを明らかにし、生産性に影響を及ぼす前に対処することが可能です。



製品に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/pos


製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/business_thinclient_pr


プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/

 


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
ホームページ: http://www.hp.com/jp/