プレスリリース: 2010年03月17日

中堅・中小規模企業向け企業内通信サービスのクラウド形式での提供を可能にする「HP Communication as a Service」を発表

 


2010年3月17日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役  社長執行役員:小出 伸一)は本日、中堅・中小規模企業向けに通信事業者をはじめとしたサービスプロバイダーを通じて、企業内通信サービスをクラウド形式で提供することを可能にするコミュニケーションサービス「HP Communication as a Service (以下、HP CaaS)」を発表します。また、HP CaaSを実現するソリューション「HP Aggregation Platform for SaaS」の提供を開始します。

 通信事業者は日本HPの提供するHP CaaSを通じて、中堅・中小規模企業のお客様に企業内通信サービスを「ワンストップ」のクラウド形式で提供することができます。例えば通信事業者がIPネットワーク内でIP電話端末間の接続を行なうIP-PBX、企業の電話窓口で音声による自動応答を行なうIVR、通話録音、テレビ電話会議システム、コンタクトセンター等を提供可能になります。

企業内通信サービスをクラウド形式で利用することにより、お客様は、最先端のコミュニケーション技術が利用でき、企業内通信サービスの運用コスト管理が容易になります。また、システムへの投資が不要になり、新しい技術を利用した通信サービスの導入に関するリスクも低減できます。これにより、お客様は、自社のコアビジネスに社内の人員や予算を集中でき、競争力を強化することができます。

HP Aggregation Platform for SaaS
日本HPはHP CaaSを実現するためのソリューションとして「HP Aggregation Platform for SaaSの提供を開始します。「HP Aggregation Platform for SaaS」は、各種通信サービスや顧客管理システム(OSS)、請求システム(BSS)等を連携させ、複数の通信サービスをワンストップで提供することを可能にする統一プラットフォームソリューションです。企業内の通信サービスだけではなく、CRMやERPなどのアプリケーションサービスの統合も可能で、通信事業者やサービスプロバイダーが様々なアプリケーションをサービス形式で提供することをサポートし、新たなビジネスチャンスを創出します。

ソリューション名 価格提供開始日
HP Aggregation Platform for SaaS個別見積もり 
3月17日

HP Aggregation Platform for SaaSは、企業内通信サービス提供できるシステムを構築する10のコンポーネントで構成されています。
主な機能は、
• SMBのお客様が必要とするサービスを検索する「Market Place Portal」
• 利用の契約を行うためのお客様ポータル機能を提供する「SMB Customer Portal」
• ワンストップショップ方式で契約を行った複数のサービスを利用可能にする「SaaS Service Provisioning」
• 複数のサービスを同一IDで利用するためのシングルサインオン機能を提供する「Identity & Access Management」

この他課金や清算および各種管理システムを構築するサービスが含まれます。

■ 日本HPプレスルーム
 ≫http://www.hp.com/jp/pressroom/


# # #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター   TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上 ご覧ください。