プレスリリース: 2019年05月29日

AIによるPCセキュリティ「HP Sure Sense」と最先端のセキュリティ管理サービスにより、エンドポイントセキュリティを向上

法人向けPCとワークステーションに最新のセキュリティを提供



2019年5月29日

株式会社日本HP


株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史)は、法人向けPCならびにワークステーションに対応する、ディープラーニングAIを活用したマルウェア防御機能「HP Sure Sense(エイチピー シュアセンス)」(*1)を発表します。同時に、「HP Sure Sense」を搭載する製品として、モバイルワークステーションの新製品「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation」を発表します。「HP Sure Sense」は、既存製品の「HP EliteBook x360 1030 G3 」と「HP EliteBook x360 1040 G5」にウェブからのダウンロードで対応し、その後順次、対応製品を拡充する予定です。

また、「HP Device as a Service」(PCのライフサイクルをトータルでサポートするサービス)の新たなサービスメニューとして、リアルタイムでマルウェアからの保護や脅威分析を提供するデバイス管理サービス「HPプロアクティブセキュリティ」を7月上旬より提供開始します。

このたびの発表により、HPが提供する世界でもっとも安全で管理性に優れたPC(*2)のセキュリティをさらに強化するとともに、包括的なエンドポイントセキュリティサービスを企業向けに提供します。



〈ディープラーニングAIによるセキュリティソリューション「HP Sure Sense」〉
新たに発見されるマルウェアの数は一日あたり35万件を超えています(*3)。その多くは強力な破壊力を持つランサムウェアであることから、急速に進化する脅威に対抗する新世代の防衛手段が求められています。「HP Sure Sense」は、ディープラーニングAIを活用し、ランサムウェアの行動学習をもとにしたリアルタイム検知やゼロデイ攻撃に対する防御を、デバイスのパフォーマンスに与える影響を最小限に抑えて行います。

〈設計、クリエイティブ、エンジニアリングのワークフローを変革するHP ワークステーション〉
設計、クリエイティブ、エンジニアリングなど機密性の高い情報を扱う分野では、データ容量の増加に伴いワークフローへの負荷が増す中、優れたパフォーマンスと信頼性、耐久性に加え、より安全で持ち運びしやすいデバイスが求められています。

「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation」は、携帯性に優れた世界で最も薄い14インチ型のモバイルワークステーションです(*4)。新製品は、搭載プロセッサーの更新に加え、3D CAD設計やCGのレンダリング処理のために次世代のAMD Radeon Pro wX 3200グラフィックスを搭載し、従来製品と比較し約50%性能が向上しています(*5 )。また、最上位のクリエイターズモデルでは、高輝度600 nitおよび広色域Adobe RGB 100%の4K UHD高性能ディスプレイを搭載し、クリエイティブな業務に必要な正確で豊かな10億色の表示が可能です。

「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation」は、本日発表の「HP Sure Sense」をはじめとするHPのセキュリティ機能を備え、モバイル環境でも安心して利用することができます。

製品名HP Directplus価格(税抜)販売開始日
HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation185,000円~7月上旬


〈セキュリティに特化した管理サービス「HPプロアクティブセキュリティ」〉
昨今、エンドポイントデバイスは最も狙われる攻撃対象のひとつになっています。昨年1年間だけでも約64%の企業が、エンドポイントに対する攻撃により重大な侵害を経験しています(*6)。

HPはエンドポイントセキュリティの課題に対する取り組みとして、今回新たにポリシーの状態監視、プロアクティブな対策、未知の攻撃を検知、防御するように設計された、セキュリティに特化した管理サービス「HPプロアクティブセキュリティ」の提供を開始します。

「HPプロアクティブセキュリティ」は、デバイスをリアルタイムで監視し、マルウェアから保護し、脅威分析を提供します。分析データは、故障予兆などを検出するデバイス管理サービス「HP TechPulseプロアクティブ管理」のダッシュボードで提供されます。スタンダードプランで提供するサービスに加え、エンハンスドプランでは、専任のサービスエキスパートによるエンドポイントのポリシー状態監視や対応、詳細なキルチェーン分析によるレポートや洞察を提供します。また、パートナーを通じてのサービス提供も可能で、よりきめ細かいセキュリティ対策を構築する協業モデルを準備していく予定です。

《主な特長》

● 「HP TechPulseプロアクティブ管理」のダッシュボードで脅威を分析(参照・レポート出力可能)

● ファイルの参照や編集、USBあるいはチャットアプリの隔離にも対応

● セキュリティポリシーの状態監視、脅威分析、キルチェーン分析に対応(エンハンスドプラン)

● 企業ごとにカスタマイズされたホワイトリストおよび信頼済みサイトの適応が可能

● Windows 10搭載デバイスのマルチベンダー対応



〈株式会社ラックからのエンドースメント〉
株式会社ラック 取締役専務執行役員 齋藤 理様
株式会社ラックは、日本HPの「HP プロアクティブセキュリティ」サービスを心より歓迎いたします。脅威の高度化が進む中、ラックの広範かつトップレベルのセキュリティサービスと、リアルタイムでマルウェアからの保護や脅威分析を提供するデバイス管理サービス「HPプロアクティブセキュリティ」サービスを組み合わせることで、中小企業から重要インフラまでのニーズにあう最適なソリューションを提供できると考えています。

*1:HP Sure SenseにはWindows 10が必要です。

*2:第7世代以降のインテル Core プロセッサー、インテル 統合グラフィックス、インテル WLANを搭載したHP Elite PCシリーズにおいて、追加費用不要のHP独自の包括的なセキュリティ機能と、ハードウェア、BIOS、Microsoft System Center Configuration Managerを使用するソフトウェア管理などPCのあらゆる側面におけるHP Manageability Integration Kitの管理性を、年間販売台数が100万台以上のベンダーと比較。(2016年11月現在)

*3:GDataSecurity「Malware 2017 Trends」2017年。

*4:モバイルワークステーションのヒンジ部の高さを社内で測定した結果に基づきます。(2019年3月14日時点)

*5:グラフィックス搭載のVRAMの容量を 2GBからVRAM 4GBに変更したことで、それを利用するアプリケーションの性能が向上しています。

*6:Ponemon Institute社「2018 State of Endpoint Security Risk」2018年10月



HPのセキュリティソリューションに関する詳細情報は、以下のURLを参照してください。
 http://jp.ext.hp.com/business-solution/security/


「HPプロアクティブセキュリティ」に関する詳細情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/proactivesecurity


「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation」に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/workstation


製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/workstation_pr


プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
ホームページ: http://www.hp.com/jp/