プレスリリース: 2020年03月18日

HP、デジタル印刷を加速するB2対応のHP Indigoデジタル印刷機とHP PageWideデジタル輪転機を発表

新ポートフォリオでデジタル印刷のイノベーションを推進



2020年3月18日

株式会社日本HP

本リリースは、HP Inc.(本社:米国カリフォルニア州パロアルト)が、2020年3月10日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。

HP Inc.(以下「HP」)は、新たな商業印刷向けデジタル印刷機を発表します。HPは、生産性、印刷品質、汎用性において新たな業界基準を確立し、印刷事業者が業界の変化に先行することを支援します。

HP Indigoシリーズ5初の商業印刷向けB2対応「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、現在、世界で最も生産性が高いB2枚葉ソリューションです(*1)。 オフセット印刷事業者が高生産性のオンデマンドデジタル印刷機を採用しやすいよう設計されています。


 

HPのゼネラルマネージャー兼グラフィクスソリューションのグローバル責任者であるサンティ・モレラ(Santi Morera)は次のように述べています。「商業印刷市場では、より高品質な汎用印刷への要求が高まっています。HP IndigoとHP PageWide Web Pressソリューションを活用することで、オフセットからデジタルへの移行を容易にし、新たなサービスの提供により、事業の成長や収益性向上を支援します。」

実顧客先でのベータテストは2019年の印刷繁忙期前に開始され、現在はオフセット機ユーザーを含む世界中の商業印刷事業者で最終段階を迎えています。

ベータカスタマーであるPressUP社のCEOであるヴィンセンゾ・シリメール(Vincenzo Cirimele)氏は次のように述べています。「HP Indigo 100Kの性能はこれまでのデジタル印刷の水準を大きく超えています。自動化のイノベーションはノンストップ印刷を実現し、より迅速にお客様に商品をお届けし、当社に新たな収益機会を提供します。」

また、HPはdrupa 2012で発表以来1,000台以上の販売実績を誇る「HP Indigo 10000」のプラットホームをベースにした、B2対応の「HP Indigo 15K デジタル印刷機」を発表します。「HP Indigo 15K デジタル印刷機」は、極めて高い生産性で幅広い顧客需要に応えられるよう設計されています。より広範なメディア対応(厚手のメディアを含む)とインキ汎用性を向上し、印刷事業者に新たなビジネス機会を提供します。

商業用インクジェット輪転機「HP PageWide Web Press T250 HD」は、新たな「HP Brilliant™インク」により、広範な種類の紙に幅広い色域の印刷を行うことで適用範囲を拡大します。

〈デジタルプロダクションへの移行を容易にする新たなHP Indigoポートフォリオ〉
商業印刷向けHP Indigoデジタル印刷機の新製品5機種の特長は次のとおりです。

・ 「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、ノンストップ両面印刷を提供します。これにより印刷事業者は、月にB2両面を100万枚以上印刷できます。毎時6,000枚の印刷が可能な(*2)4色対応「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、オフセットのような操作感で、「HP Indigo 10000」シリーズと比べはるかに高い生産性を実現します。この高い性能は、高度な用紙搬送技術と正確な位置合わせを可能とするオフセット機構に見られるようなグリッパー搬送設計(gripper-to-gripper)に加え、カラーオートメーション、キャリブレーション、ジョブやメディアの素早い切り替え、5つの給紙ユニットを含むHP Indigo独自の技術により実現しました。

・ 「HP Indigo 15K デジタル印刷機」は、高精細印刷とFMスクリーンによる品質の向上に加え、メディア汎用性が増し、オプション機能で最高600ミクロンの厚紙(24ポイント)に対応します。また、新HP Indigoエレクトロインキプレミアムホワイトとインビジブルイエローに対応します。新高精細FMストカスティックスクリーンはハーフトーンのテキストをより鮮明にします。現行の「HP Indigo 12000 デジタル印刷機」は、「HP Indigo 15K デジタル印刷機」が持つ新機能へのアップグレードが可能です。(*3)

・ 「HP Indigo 7K デジタル印刷機」は、幅広い高付加価値のデジタルアプリケーションに対応するSRA3+対応のデジタル印刷機です。HP Indigo エレクトロインキシルバー、高隠蔽プレミアムホワイト、セキュリティ用途やユニークなアプリケーションに適したインビジブルイエロー、スクラッチアプリケーションに適したイージーリリースインキなどの特殊インキに対応し、最高550ミクロンのメディアをサポートします。各種新機能は「HP Indigo 7000」シリーズの対象機にオプションとして提供する予定です。

・ 「HP Indigo 7eco デジタル印刷機」は、Indigoの品質と生産性を備えたエントリーレベルの印刷機です。デジタル印刷への迅速な移行を可能にする経済的で持続可能な選択肢です。

・ 「HP Indigo 90K デジタル印刷機」は、連続印刷を実現する新たな特許取得済アルゴリズムを採用し、バナー、特大B1ポスター、壁紙などの片面印刷のアプリケーションに対応します。

・ 「HP PrintOSX」は、クラウドアプリケーションを AIを活用したサービスとサポートインフラと統合し、お客様が印刷機への投資から最大の利益を得られるよう支援します。PrintOSXの先進技術、ツール、ノウハウをもとに、将来へむけた印刷工場の構築をサポートし、運用の最適化、生産の自動化、高価値アプリケーションの創造を推進します。

HP Indigo担当ゼネラルマネージャーのアロン・バーシャニー(Alon Bar-Shany)は次のように述べています。「当社の成功の理念は、イノベーションとオートメーションという2つの重要な原則と、お客様が利益ある事業を構築するためにこれらをどのように活用できるかという点に基づいています。これらすべての根底には、環境への配慮と無駄の削減があります。当社は製品を開発する中で、これらの指針を常に念頭に置いています。新たなポートフォリオは、お客様やブランドの無限の創造力を鼓舞するために、これまでにない生産性と新たなレベルの品質、汎用性を備えます。」

〈HP PageWide Web Press T250 HDは、HP Brilliant™ インクによりさらなる汎用性を提供〉
新たなフラッグシップ製品である22インチ幅のインクジェット輪転機「HP PageWide Web Press T250 HD」は、「HP Brilliantインク」により、メディア汎用性が増し、大量の商業印刷、出版、トランザクション、ダイレクトメールアプリケーションに適応します。「HP PageWide Web Press T250 HD」の新機能は、アップグレードオプションとしても購入が可能です。

・ 「HP Brilliantインク」は、人目を引く色彩、大胆な赤、目に鮮やかな青と光沢のある仕上がりにより高品質印刷を実現します。新CMYKインクセットは、色域を拡大し、1台のインクジェット輪転機でコーティングと非コーティングのオフセット用コート紙、上質紙に高品質印刷を行えるよう特別に設計されています。

・ デジタル印刷されたHP Optimizerによりアプリケーションの範囲が広がります。コート紙においては用紙の製造ロット間のばらつきを補てんする一方、上質紙においては裏写りを減らし高い光学密度を提供することによって、スムーズな色彩のグラデーションを実現します。

・ 内蔵されたビルトイン式のカラービジョンシステムとカラー分光光度計により品質と生産性を維持します。HP Quality Image Checkビジョンシステムは、リアルタイムで印刷品質をモニターし、輪転機の稼働中にパフォーマンスに関する洞察をオペレーターに提供します。最速152メートル/分の印刷スピードで多くの注文に対応できます。


 

「HP PageWide Web Press T250 HD」の生産性を十分に発揮するため、HPはHarris & Bruno社と協業して、コーティング装置「H&B ExcelCoat ZRW Web Coater」を開発しました。UVと水性コーティング能力を備え、商業印刷及びダイレクトメールアプリケーション用に、新たな水準の品質、生産性、経済性を提供します。本コーティング装置はHPが独占販売します。

HP Service Edgeでは、HP PageWide Training Edgeサブスクリプションサービスを追加し、HP PageWideデジタル輪転機のオペレーターの効率性が維持できるよう支援します。継続的なトレーニングにより、お客様は、経験と知識が豊富で、最新の技術情報とベストプラクティスを身に着けたオペレーターにより競争優位を維持できます。

HPのHP PageWideインダストリアル部門ゼネラルマネージャー、エリック・ウィースナー(Eric Wiesner)は次のように述べています。「HPは、HP PageWide Web Press T250 HDによりイノベーションを継続し、印刷事業者が、実証されたプラットホーム上で収益性のある事業成長を実現するために必要な高い品質と汎用性を提供します。商業用印刷、ダイレクトメール、出版、トランザクションなどに最適なこの技術を採用するお客様は、アップグレード可能なデジタル輪転機により、最先端の品質、魅力的な生産性、広範な汎用性、説得力のある経済性を享受することができます。」

〈提供予定〉
B2対応の商業印刷向け「HP Indigo 100K デジタル印刷機」、「HP Indigo 15K デジタル印刷機」、「HP Indigo 7K デジタル印刷機」、「HP Indigo 7eco デジタル印刷機」は、2020年6月以降年内に販売開始予定です。また、「HP PageWide Web Press T250 HD」は、2020年後半に販売開始予定です。

詳細、画像などはオンラインプレスキット(英語)を参照してください。
https://press.ext.hp.com/us/en/press-kits/2020/pre-drupa-hp-portfolio-reveal.html

HPについて
HP Inc.は、世界中のあらゆる場所のすべての人々の暮らしを向上させるためのテクノロジーを創出しています。パーソナルシステムズ、プリンター、3Dプリンティングソリューションの製品やサービスを通じて、驚きの体験を提供します。HPに関する詳細は、http://www.hp.comを参照ください。



*1:2020年3月10日時点。他社製デジタルB2ソリューションとの比較に基づく。

*2:3色-生産強化モード(EPM)で1時間当たり6000枚を印刷。

*3:給紙ユニットのアップグレードを除く。



HPデジタル印刷機に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 https://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/

製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/digital_pr


プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
ホームページ: http://www.hp.com/jp/