プレスリリース: 2020年03月18日

HP、世界で最も生産性の高い革新的な印刷機でデジタル印刷を変革

新たに登場する第5世代、第6世代のHP Indigoデジタルソリューションで更なるビジネス成長を支援



2020年3月18日

株式会社日本HP

本リリースは、HP Inc.(本社:米国カリフォルニア州パロアルト)が、2020年3月10日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。

HP Inc.(以下「HP」)は、印刷事業者とコンバーターが大量の印刷を高い収益性で実現できる大胆かつ革新的なデジタル印刷機の新ポートフォリオを発表します。さらなる高速化と生産性向上を可能とする技術革新により生まれたHP Indigoデジタル印刷機の第5世代(シリーズ5)と第6世代(シリーズ6)は、アナログからデジタルへの移行を促進し、印刷事業者とコンバーターに新たなビジネス機会を創出します。


 

HP Indigo 100Kデジタル印刷機紹介動画(英語)


シリーズ5初の商業印刷向けB2対応機「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、B2両面印刷換算で月に100万枚以上の印刷に対応する高生産設計です。毎時6,000枚の印刷が可能で、高生産性でありながら、廃棄物の少ないオンデマンド印刷を求めるオフセット印刷事業者向けに設計されています。

次世代のHP Indigo LEPx アーキテクチャを搭載した、ラベル生産向け「HP Indigo V12 デジタル印刷機」は、HP Indigoの湿式電子写真(LEP)テクノロジーのコアパワーを活用したナローウェブ印刷機です。シリーズ6初の 「HP Indigo V12 デジタル印刷機」は、最大12色、最大120メートル/分の印刷速度を提供し、アナログ印刷の速度に匹敵する生産性を発揮します(*1)。自動化された新しいカラーマッチングテクノロジーであるSpot Masterは、業界最速の色合わせ時間を提供します(*2)。

さらに、商業印刷向けのB2対応「HP Indigo 15K デジタル印刷機」、SRA3+対応「HP Indigo 7K デジタル印刷機」と「HP Indigo 7eco デジタル印刷機」、ラベル・パッケージ向けの「HP Indigo 6K デジタル印刷機」、「HP Indigo 8K デジタル印刷機」、「HP Indigo 25K デジタル印刷機」、紙器や特殊アプリケーション用「HP Indigo 35K デジタル印刷機」とB1対応「HP Indigo 90K デジタル印刷機」という、新たな8種の印刷機を発表します。アップグレードオプション付きのバリューパックにより、既存のお客様はこれらの新機能を利用できます(*3)。

HP Inc.のゼネラルマネージャー兼グラフィクスソリューションのグローバル責任者であるサンティ・モレラ(Santi Morera)は、「高品質で汎用性があり生産性の高いデジタル印刷は、即日納品、サステナビリティ、カスタマイズ印刷に対する需要が高まる中、極めて重要になっています。新しいポートフォリオにより、お客様が発展し、将来の印刷工場を構築するための基盤が整いました。仕事が突然やってくるようなペースの速い今日の環境において、印刷事業者には迅速に対応する機敏さが求められ、それによって新しい機会を獲得することができるのです」と述べています。

HP Indigo担当ゼネラルマネージャーであるアロン・バーシャニ-(Alon Bar-Shany)は、「過去4年間でHPのお客様はビジネスをほぼ倍増し、過去一年間だけで1億件以上の印刷の注文を受け、150億ドル以上を売り上げました(*4)。HPの革新的なポートフォリオは、次の十年間、そしてそれ以降もお客様の継続的な成長を推進するものと確信しています」と述べています。


 

印刷産業全体に影響を与えるHP Indigoデジタル印刷機の幅広いポートフォリオ


〈商業印刷向け「HP Indigo 100Kデジタル印刷機」により収益機会が拡大〉
世界で最も生産性の高いB2対応のデジタル印刷ソリューション(*5)である「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、オフセット印刷事業者がより多くの作業をデジタルに移行し、オンデマンド印刷によって持続可能性を高められるよう設計されています。

ノンストップ印刷向けに設計された「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、シリーズ5初の印刷機であり、これまで培ったHP Indigoのデジタルオフセット機構と操作性を維持したまま、より高い生産性を実現します。「HP Indigo 100K デジタル印刷機」4色機は、毎時6,000枚の印刷速度(*6)で、小ロットのデジタル印刷の利益率を高め、総保有コスト(TCO)を削減します。「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、高度な用紙搬送技術に加え一般的なオフセット機構に見られるようなグリッパー搬送設計(gripper-to-gripper)により正確な見当精度を実現します。その上、5個の用紙フィーダー、カラーオートメーション、キャリブレーション、ジョブとメディア間の高速切り替えなどデジタル機能も強化しています。


 

デジタル印刷での高生産を実現するよう設計された
「HP Indigo 100K デジタル印刷機」


実顧客先でのベータテストは2019年の印刷繁忙期前に開始され、現在はオフセット機ユーザーを含む世界中の商業印刷事業者で最終段階を迎えています。

drupa 2012の発表以来、B2対応のHP Indigoデジタル枚葉印刷機は1,000台以上販売され、市場をリードしています(*7)。

〈HP Indigoのパワーを解き放つ、新しいLEPXアーキテクチャ〉
HPは、LEP技術の核である原理と構成を強化したLEPXアーキテクチャを開発しました。LEPXアーキテクチャでは、LEPのシングルエンジンの代わりに、6つのイメージングエンジンが同時にインラインで動作します。これによって、これまでのデジタル印刷の利点を活かしたままアナログ機に匹敵するレベルに印刷速度を倍増させます。その結果、LEPXは、印刷事業者にデジタル印刷でこれまで可能だった量よりさらに大きな量の印刷でも利益を生み出すことの出来るスピードと効率を提供します。



LEPXの特長は以下の通りです

・ オペレーターは、絵柄のタイプ、インキの量、特色の有無にかかわらず一定の速度で印刷ができます。

・ 最大12色の印刷が可能で、その場でインキを変更し任意の色の組み合わせを作成できます。

・ 鮮明なネイティブ1,600dpiの印刷解像度を実現します。

・ HP LEPX アーキテクチャを採用したナローウェブ「HP Indigo V12 デジタル印刷機」は、6色までの全てのジョブを、アナログ印刷に匹敵する120メートル/分のスピードで印刷します。また、この印刷機は統合されたインラインプライマーを使用して、12ミクロンの専用紙でないフィルムから450ミクロンの板紙まで、デジタルラベル業界最大の用紙範囲をサポートします。


 

「HP Indigo V12デジタル印刷機」は、2022年に販売開始予定


〈デジタルマニュファクチャリングの新たな時代を開くHPの3Dプリンティング〉
「HP Indigo 100K デジタル印刷機」、「HP Indigo V12 デジタル印刷機」、「HP Indigo 15K デジタル印刷機」を含む新しいHP Indigoのポートフォリオには、HP Multi Jet Fusionテクノロジーを使用して製造された部品が100点以上使われています。

HPの3Dプリンティングテクノロジーにより、HPは設計と検証のサイクルを加速し、部品の納品を数週間から数日に短縮できるようになりました。また、一部の部品を最大90%軽量化(*8)するなど、エネルギーと材料の消費を削減し、二酸化炭素排出量を削減しました(*9)。

〈自動化と卓越性のための1つのプラットフォーム〉
印刷機を超えて「HP PrintOSX」は、クラウドアプリケーションをAIを活用したサービスとサポートインフラと統合し、顧客が印刷機への投資を最大限に活用できるようにします。「HP PrintOSX」の高度なテクノロジー、ツール、ノウハウに基づいて、お客様は「未来の印刷工場」の構築を開始し、優れた運用性、生産の自動化、価値の高いアプリケーションによる革新を実現できます。

drupe 2016の発表以降、12,000を超えるお客様が「HP PrintOS」に接続し、クラウド上のビッグデータをリアルタイムで活用する様々なアプリケーションにより、あらゆるタイプの実際の課題に対応しています。印刷事業者を支援するアプリケーションには、次のようなものがあります。

・ 「Marketplace」には、新しいユーザーインターフェイスが搭載され、最新の市場動向やビジネス機会に関する情報を含む新しいアプリケーションやパートナーソリューションの情報を提供します。また、お客様のニーズに合わせてカスタマイズできる数百の無償でオープンなアートワークファイルも用意されています。

・ 「Mosaic」がさらに使いやすくなりました。 Microsoft Xiaoiceとのコラボレーションにより、AI技術によって作成された無制限のユニークな「Mosaic」対応のシードパターンがMarketplaceで利用可能になります。 デザイナーが独自のハイパーカスタマイズプロジェクトをより迅速かつコスト効率よく作成できるように、最初の4,000個の「Mosaic」パターンは2020年末まで無料で利用できます。

・ 「HP Site Flow」は、注文から出荷までのエンドツーエンドの生産自動化ソリューションです。「HP Site Flow」は現在、Lite、Pro、Enterpriseの三つのユーザーレベルがあり、日に50件程度の少量のジョブから1万件以上のジョブを生成している印刷事業者までをサポートしています。2019年には、2,000万件以上のプリント注文が「HP Site Flow」によって処理され、前年比で34%増加しました。

・ 「Color Beat」は、HP Indigoデジタル印刷機との接続を介して自動でG7カラー認証を可能にします。

・ 「Predictive Press Care」アルゴリズムは、潜在的な印刷機の問題が製品に影響を与える前に、プロアクティブに対処します。

〈提供予定〉
商業印刷向けB2対応「HP Indigo 100K デジタル印刷機」と「HP Indigo 15K デジタル印刷機」、SRA3+対応「HP Indigo 7K デジタル印刷機」と「HP Indigo 7eco デジタル印刷機」、ラベル・パッケージ向け「HP Indigo 6K デジタル印刷機」、「HP Indigo 8K デジタル印刷機」、「HP Indigo 25K デジタル印刷機」、「HP Indigo 35K デジタル印刷機」と「HP Indigo 90K デジタル印刷機」は、2020年6月以降年内に販売開始予定です。
「HP Indigo V12 デジタル印刷機」は、2022年に販売開始する予定です。

詳細、画像などはオンラインプレスキット(英語)を参照してください。
https://press.ext.hp.com/us/en/press-kits/2020/pre-drupa-hp-portfolio-reveal.html

HPについて
HP Inc.は、世界中のあらゆる場所のすべての人々の暮らしを向上させるためのテクノロジーを創出しています。パーソナルシステムズ、プリンター、3Dプリンティングソリューションの製品やサービスを通じて、驚きの体験を提供します。HPに関する詳細は、http://www.hp.comを参照ください。



*1:2020年3月10日現在、ナローウェブのソリューションを提供している他社との比較。

*2:印刷ソリューションに対するHP調べとお客様による検証。

*3:バリューパックの適用は対象機に限られます。

*4:HP調べ。

*5:2020年3月10日現在、B2対応機を提供している他社との比較。

*6:毎時6,000枚、EPM(3色生産性向上モード)で印刷。

*7:HP調べにより算出。

*8:軽量化の算出方法:アルミ加工部品10kgに対して、HP Muti Jet Fusionによる部品0.8 kg。

*9:二酸化炭素排出量の削減は、CNC加工部品と3Dプリンターによるプラスチック部品造形をHP比較分析に基づいて算出。この分析によると、元の金属部品を3Dプリントに切り替えることで得られる利点があることを示しています。設計の繰り返しと材料によって、二酸化炭素排出量の削減は44%から83%の間になります。



HPデジタル印刷機に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 https://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/

製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/digital_pr


プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
ホームページ: http://www.hp.com/jp/