HPの新型コロナウイルス感染症対策支援の取り組み



2020年6月3日

株式会社日本HP

株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史、以下「日本HP」)は、HPの持つテクノロジーやリソースを活用し、またパートナーと協調し、新型コロナウイルス感染症対策を支援する様々な取り組みを行っています。これには、3Dプリンティングを利用した医療用品の部品製造や、在宅勤務や自宅学習をサポートするツールの提供、寄付などが含まれます。



〈医療機関に求められる部品をHPのプリンティングテクノロジーを活用して生産〉
HPの3Dプリンティングチーム とHPがグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングネットワークのパートナーは、医療従事者や病院に不可欠な部品の設計、検証、製造を行ってきました。これまで全世界で230万個以上の部品を生産しています。例えば、人工呼吸器バルブ、呼吸フィルター、フェイスマスクの留め具、ひじで簡単かつ衛生的にドアを開けることができるハンズフリードアオープナーなどが生産されました。

日本国内においても、HPの3Dプリンティングソリューションを導入する企業が様々な取り組みを行っています。

SOLIZE Products 株式会社
HPのデジタルマニュファクチャリングネットワークパートナーであるSOLIZE Products 株式会社は、公益社団法人東京都医師会を通じて、生体適合性のある材料を使用して製造したフェイスシールド用フレームを医療機関に無償提供しています。

合同会社DMM.com
合同会社DMM.comのDMM.make 3Dプリント事業では、医療機関からの要望に応じ、DMM.comが石川県加賀市に有する3Dプリンター工場で生産したフェイスシールド1万セットを無償提供しました。

ラピセラ 株式会社
デジタル技術で義肢装具の設計、製造を支援するラピセラ株式会社は、義肢装具士がデザインした洗浄、消毒することで繰り返し使用可能な3Dプリントマスクを製造し、全国の義肢装具士向けに無償提供しています。

HPは、各種部品の検証済み設計ファイルをウェブ( https://jp.ext.hp.com/printers/3d-printers/services/covid-19/)で公開し、必要な部品の製造を世界中どこにおいても3Dプリンティングで容易に行えるようにしています。

さらに、HP Indigoデジタル印刷事業部でも、フェイスシールドを設計し、HP Indigoデジタル印刷機を使って製作した5万個のフェイスシールドを地域の病院に提供しました。また、クラウドアプリケーション「HP PrintOSX」を使って設計情報をユーザーに迅速に共有することで、世界各地でフェイスシールドの製作を可能にしました。現在これらのシールドを製作するための説明書はウェブ( https://www.shields4all.org/ )で公開しています。

国内では、大洞印刷株式会社が、HPが提供したデザインデータをもとに、クリアファイル素材の簡易フェイスシールドを独自に開発、製造し、全国の医療従事者や自治体に安価で提供しています。



〈寄付〉
これまでにHPとHP財団は、およそ800万ドル(約8.5億円)の製品と助成金をブレンド型学習と新型コロナウイルスの影響を受けている地域のコミュニティを支援するために寄付しました。
また、HP財団は新型コロナウイルス感染症への救援活動を行っている国内外の団体に寄付を考えている社員に対し、「HP Giving and Volunteering Program 」の利用を奨励しています。HP財団は、2020年10月31日まで、社員からの寄付金の2倍の額を上乗せして団体に寄付します。

国内でも、社会福祉法人 東京都社会福祉協議会にPCを寄贈しています。社会福祉法人 東京都社会福祉協議会では、日本に来日したばかりの子供たちの学習支援や入院中の子どもと家族を支援する団体、高齢者施設や女性シェルターなどがテクノロジーを利用して支援活動を継続できるようサポートしています。



〈在宅勤務をセキュリティソリューションで支援〉
HPは、在宅勤務をより安全な環境で行えるようWindows10搭載PC向けのセキュリティソリューション「HP Sure Click Pro」を2020年9月30日まで無償で提供しています。「HP Sure Click Pro」は、ユーザーがウェブサイトを閲覧したり、電子メールやウェブサイトからダウンロードして入手したWordとExcelファイルを参照、編集する際にサイバー攻撃やウイルスからPCを保護します。「HP Sure Click Pro」は、Windows 10を搭載するHPおよびHP以外の PCで使用できます。

「HP Sure Click Pro」の詳細、およびダウンロードはこちら
URL:https://jp.ext.hp.com/business-solution/security/



〈自宅での学びを楽しくするコンテンツを提供〉
HPがグローバルで展開する自宅学習向け印刷素材「PRINT AND PLAY」を日本語化してウェブサイトで公開しています。塗り絵、パズル、ペーパークラフトといった素材をプリンターで印刷し、家での時間を楽しむことができます。

「PRINT AND PLAY」のダウンロードはこちら
URL:https://jp.ext.hp.com/printers/personal/inkjet/special/print_and_play/



〈PCの生産体制〉
日本HPでは、東京都日野市の「東京ファクトリー&ロジスティックスパーク」で国内向けのPC製品の多くを生産しており、現在も、工場内で働く社員の安全を配慮し感染防止対策を十分に取ったうえで、生産を続けています。在宅勤務や自宅学習などによるPC需要の高まりに対応するため、安全性を確保したうえで、生産性の高い体制を整えていきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたHPとHPパートナーの活動はこちら
URL:https://jp.ext.hp.com/hp-information/announce/



プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
ホームページ: http://www.hp.com/jp/