プレスリリース: 2020年09月17日

大同至高印刷、HP Indigoデジタル印刷機で高付加価値印刷事業を拡大

HP Indigo 7900 デジタル印刷機の導入によりパーソナライズ製品やカスタム印刷を容易に



2020年9月17日

株式会社 日本HP

株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史)は、特殊印刷を得意とする大同至高印刷株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:川瀬 康輝、以下「大同至高印刷」)が、高度なデジタル印刷に対応する「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」を導入したことを発表します。

大同至高印刷は、世界の小売ブランドに高品質なカラー印刷を施したプラスチックシート製品を提供しています。「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」により、大同至高印刷はクリアファイルやノベルティ、販促グッズなどを柔軟にパーソナライズできます。また、「HP PrintOSX」テクノロジーを搭載する「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」は生産プロセスを自動化し、より多くのジョブを最大の効率で迅速に処理することが可能です。

大同至高印刷は7月に名古屋事業所に新しいデジタル印刷機を設置しました。名古屋事業所では250種類以上のオリジナルグッズを印刷、生産しています。

現在、大同至高印刷は社内で考案した独自のデザイン形状の商品をデジタル印刷技術とダイカット加工などの高度な技術を組み合わせて提供しています。「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」ではその適用範囲を広げ、特殊インキやHP SmartStream Designer Mosaicを活用し、可変デザインを使用した特殊効果を広範に利用することができます。これにより、専門性の高いサービスを重視するお客様からの、より創造的で高度な要望に応えることができます。



 
参考画像
 左:大同至高印刷株式会社 代表取締役社長 川瀬康輝 様(左)
 右:大同至高印刷に導入された「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」


〈大同至高印刷株式会社からのエンドースメント〉
大同至高印刷株式会社
代表取締役社長 川瀬 康輝様

弊社はPPやPETシートへのオフセット印刷やシルク印刷にダイカットや特殊な貼り加工を加えたオリジナル商品を提供しています。現行の商材の小ロット品の印刷や校正からスタートさせ、いずれ「HP Indigoデジタル印刷機」の特性を生かした販促商材を独自のアイディアで新たに作成、提案していこうと考えています。「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」の導入にあたり、最も懸念していたフィルム面のインクの密着という課題には、関係者の協力のおかげで想定以上の結果が得られています。現状では「PP製の抗菌マスクケース」に多くのご依頼をいただいており、3,000枚以下の単発ロット品をこの設備で生産する計画です。現在、ウェブサイトでは、個人や店舗からの小ロットでの引き合いが増えています。「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」の導入はそのニーズに最適であり、コロナ禍ではありますが、良いタイミングでの設備導入になったと思っております。

大同至高印刷株式会社  https://ddsp.jp/



「HP Indigoデジタル印刷機」に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/indigo

製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/digital_pr

プレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL: 0120-436-555(携帯電話、PHS:03-5749-8291)
ホームページ: http://www.hp.com/jp/