プレスリリース: 2008年01月24日
トピック:

Exstream Software社の買収を発表


本リリースは、2008年1月22日(現地時間)、米国カリフォルニア州パロアルトで発表された英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。

- 急成長を続ける文書自動化ソフトウェア市場に参入 -


2008年1月24日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


<お知らせ>


ヒューレット・パッカード・カンパニー(本社:米国カリフォルニア州パロアルト、以下HP)は、本日、非上場企業で、パーソナライズされた文書や資料の作成、提供を効率化する企業向けソフトウェアのリーディングカンパニーであるExstream Software社の買収について正式契約を締結したことを発表しました。


Exstream Software社はAmerican Capital Strategies社(Nasdaq: ACAS)が出資する会社です。会計報告書は公開されていません。


Exstream Software社のテクノロジとHPの文書出力管理とプリンティング市場におけるリーダーシップを組み合わせることにより、オンラインを通じて、完全にパーソナライズされたコンテンツのデザイン、管理、印刷をサポートします。


買収が終了するとExstream Software社はHPのイメージング・プリンティング・グループのウェブ・サービスとソフトウェア・ビジネス事業に組み入れられることになります。


「銀行や、医療関連企業、公益企業などのビジネスにおいては、多様なお客様との適切でパーソナライズされたコミュニケーションが必要です。」とHPのイメージング・プリンティング・グループのシニア・バイスプレジデントでウェブ・サービスとソフトウェア・ビジネス事業の責任者であるDavid Murphyは述べています。「Exstream Software社の買収によりHPはよりビジネスの幅を広げ、急成長する文書自動化市場の強力なリーダーの地位を獲得するでしょう。」


「Exstream Software社の能力がHPに加わることで、世界中でパーソナライズされたコミュニケーションが普及、展開しビジネスに貢献できることを喜んでいます。」とExstream Software社の最高経営責任者で社長のRichard Troksaは述べています。「Exstream Software社のソリューションとHPの企業向けプリント・ソフトウェアの組み合わせは、確実かつ目的にかなったビジネス・コミュニケーションを包括的なアプローチでお客様に提供するでしょう。」


買収は必要な手続きを経て、HPの2008年度第2四半期中には終了する予定です。


本件に関する詳細はwww.hp.com/go/exstreamを参照してください。[英語]
なお、日本における対応は未定です。


Exstream Software社について
世界の急成長するテクノロジー・カンパニーとして挙げられるExstream Software社は、文書作成プロセスの効率化と印刷、メール、オンラインなどすべての形態における高品質で最適なコミュニケーションを実現するべく全世界で事業を展開しています。マーケットとのコミュニケーション速度を85%、文書作成速度を80%改善でき、そしてお客様の反応が3倍になるといった利益を多くの産業にまたがるお客様に提供しています。


HPについて
HPはコンシューマから大企業まで、すべてのお客様がテクノロジを身近に活用し、より便利で豊かな環境を享受できるよう努めています。HPはプリンティング、PC、ソフトウェア、サービスからITインフラにいたる幅広いポートフォリオを持つ、世界最大のIT企業のひとつです。2007年度末(2007年10月31日)の年間売上高は1,043億ドルです。HP についての情報はhttp://www.hp.com/ をご覧ください。


#     #     #


■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: ≫http://www.hp.com/jp/