プレスリリース: 2010年11月11日
トピック: 新製品情報

テクニカル市場/グラフィックス市場向け大判インクジェットプリンターの新製品を発表

- 100万円(*1)を切るカラー大判複合機、世界最速(*2)カラーインクジェットプリンターなど3シリーズ6機種 -


2010年11月11日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、テクニカル市場向けの大判複合機「HP Designjet T2300 eMFP(以下DJT2300 eMFP)」2機種と大判プリンター「HP Designjet T7100(以下DJT7100)シリーズ」2機種、グラフィックス市場向けの大判プリンター「HP Designjet Z6200 フォトプリンター(以下DJZ6200フォト)」2機種を発表します。
新製品は、日本HP販売代理店にて12月2日から販売を開始します。

製品名販売価格販売開始日
HP Designjet T2300 eMFP1,047,900円(税抜998,000円)12月2日
HP Designjet T2300 eMFP PS1,289,400円(税抜1,228,000円)12月2日
HP Designjet T71001,512,000円(税抜1,440,000円)12月2日
HP Designjet T7100MONO1,449,000円(税抜1,380,000円)12月2日
HP Designjet Z6200 42inch1,257,900円(税抜1,198,000円)12月2日
HP Designjet Z6200 60inch2,286,900円(税抜2,178,000円)12月2日

*「eMFP」は、スキャナー・コピー機能を備えた複合機です。
*「PS」は、アドビシステムズ社が開発したページ記述言語、ポストスクリプト・ソリューションに対応したモデルです。
*「MONO」は、2色(黒/グレイ)インクシステムによるモノクロ機です。

*1: 税抜価格。
*2: HP調べ。

「DJT2300 eMFP」と「DJT7100シリーズ」は、CAD(土木/設計)・GIS(地理情報システム)など、テクニカル分野の用途に適した大判プリンターです。「DJT2300 eMFP」は、B0サイズまでのプリント・A0サイズまでのスキャン機能とコピー機能を1台に凝縮した大判カラー複合機でありながら、100万円を切るお求めやすい価格を実現しています。「DJT7100シリーズ」は、モノクロLEDプリンター並みの圧倒的なプリント速度が最大の特長の世界最速大判インクジェットプリンターです。
「DJZ6200 フォト」は、写真・ポスター・POPなど、グラフィックス分野の用途に適した大判プリンターです。インクシステムに新色・レッドを加えることにより、広色域で鮮明な写真品質を実現しました。その他、従来モデル比 約1.5倍の高速プリント、インク効率最適化によるランニングコストの削減など、優れた生産性と経済性を備えます。

各製品の主な特長は以下の通りです。


<世界初、100万円を切る大判カラー複合機「DJT2300 eMFP」>

・大判プリンターも単機能から複合機へ
「DJT2300 eMFP」は、家庭用プリンターの市場傾向である単機能から複合機への多機能化の流れを汲んだ大判カラー複合機です。従来の単機能大判プリンターと同じ本体サイズに、スキャナーを内蔵することで、大判プリント・スキャン・コピーと一台3役により、様々な仕事に柔軟に対応します。

・大型タッチスクリーンによる優れた操作性
4.3インチの大型タッチスクリーンを搭載し、プリント・スキャン・コピー・データ共有のすべての操作を、タッチスクリーンで行うことが可能です。タッチスクリーンはアイコン表示のため、マニュアルを見なくてもスマートフォン感覚で直感的に操作できます。さらに、ファイルのプレビューもこのスクリーンで行えるため、印刷ミスによるインクや用紙のムダ、そしてプリントのやり直しなどによる時間を節約することが可能です。

・投資を無駄にしない将来性
「DJT2300 eMFP」は、PCを使わずにダイレクトでのプリントや、内蔵スキャナーで取り込んだデータをプリンターから直接ネットワーク上のフォルダーへ送信し、保存することができます。さらに、2011年中にサービス開始を予定しているクラウドを活用したデータ共有サービス「HP ePrint & Share」にも対応するなど、将来的なワークフローの変化にも柔軟に対応することが可能です。


<世界最速テクニカル大判インクジェットプリンター「DJT7100シリーズ」>

・モノクロLED機並みの高速プリントをカラーで実現
「DJT7100」は、A1用紙 165枚/時(*3)と、モノクロLEDプリンター同等の圧倒的なプリント速度でフルカラー印刷が行えます。また、顔料黒インク(MK(マットブラック))と、5色の染料カラーインク(C(シアン)/M(マゼンタ)/Y(イエロー)/G(グレイ)/DG(ダークグレイ))の組み合わせによる新インクシステムを搭載し、シャープな線画と鮮やかな発色の階調表現を実現しました。なお、「DJT7100MONO」は、顔料黒と染料DGのみを搭載します。

・用紙交換の手間を省力化する「HPスマートロール ローディングシステム」搭載
「DJT7100」は、スピンドル不要で、用紙取り付け方法も簡単な「HPスマートロール ローディングシステム」を搭載しています。同システムは、標準で2本、最大3本(*4)のロール紙をセットし用紙の自動交換が行えるため、用紙交換の手間を大幅に省けます。また、用紙経路をシンプル化することで、紙詰まりを大幅に改善しました。

・高速プリントを支えるテクノロジー
「DJT7100」は、「HP OMAS(HPオプティカル メディア アドバイス センサー)」の搭載により、従来のインクジェットを遥かに超える高速プリントを実現しながらも、極めて高いプリント精度を達成しています。「HP OMAS」は、光学センサーによりプリント中に用紙の送りを検知し、正確に用紙を送ることで、高速プリント時にも高精度なプリントを可能にします。

*3: カラー線画印刷スピード。用紙カットの時間を含む。
*4: 3本目はオプションで対応


<世界最速グラフィックス大判インクジェットプリンター「DJZ6200 フォト」>

・広色域で高品質な写真出力を、さらなる高速でプリント可能に
「DJZ6200 フォト」は、「DJZ6100」の後継機種となるグラフィックス市場向け大判プリンターです。新たに「レッド」を加えた新8色構成となった「HP Vivid フォトインク」の搭載により、より広色域で高品質な写真プリントが行えます。また、プリント速度は従来モデル(DJZ6100)と比較して最大54%(*5)の高速化に加えて、インク消費効率の最適化により、ランニングコストも従来モデルと比較して最大38%削減しコストの低減を実現しました。

・分光測光器内蔵、用紙送り精度向上による高画質と高精度なプリント品質
正確な色再現を行うために「分光測光器i1」を搭載していますので高精度なカラーキャリブレーションが行えます。また、「DJT7100」と同様に「HP OMAS(HPオプティカル メディア アドバイス センサー)」の搭載により、高速にもかかわらず、写真品質を実現しています。

*5: HP調べによる、光沢用紙・ノーマルモードでの比較。

なお、11月15日(月)から、全国19ヶ所で新製品を体験いただける「HP大判プリンターフェア」を開催します。詳細は以下のURLを参照してください。
http://h50146.www5.hp.com/products/printers/designjet/event/fair_2010/


■ 新製品の詳細は以下のURLを参照してください。
  http://www.hp.com/jp/designjet

■ 製品写真ライブラリ
  (画像データは以下のURLからご覧になれます)
  http://www.hp.com/jp/designjet_pr/


#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/