プレスリリース: 2010年11月25日
トピック: 新製品情報

シングルサインオン製品「HP IceWall SSO」のクラウド対応強化でリスク低減と利便性向上に貢献


- 様々なクラウドサービスとの認証連携および業界初のHadoopを利用した大規模認証DB構築を可能にするソフトウェアモジュールを発表  -


2010年11月25日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


 日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、認証を簡素化するシングルサインオン(以下、SSO)ソフトウェア製品「HP IceWall SSO」シリーズにおいて、普及が進むクラウド環境への対応を強化するため、ソフトウェアモジュール3製品を新たに発表します。ITの効率的利用を求め、プライベートおよびパブリッククラウドを組み合わせて利用する企業が増えています。その一方で、複数のクラウドサービスが混在し、複雑化するシステムにおけるセキュリティ維持と増大する認証件数に対応できる大規模な認証基盤構築のためのコスト増大が大きな課題になっています。今回の製品強化により、プライベートクラウド、パブリッククラウドが混在し、多くの認証処理を必要とするミッションクリティカルな大規模認証基盤を簡単、迅速かつ安価に構築可能となり、お客様のリスク低減と利便性向上に貢献します。

今回発表するのは、GoogleやSalesforceなどのパブリッククラウドサービスを自社のITサービスの一部として利用する際にも、高いセキュリティと一回の認証で利用できる利便性の両立を可能にする認証連携モジュール製品
 ・「HP IceWall Federation Version 3.0」(以下、HP IceWall Federation)
各クラウドサービスに導入するだけで他サイトに認証を委任し、自分自身で認証の機能を持つ必要がなくなる認証モジュール製品
 ・「HP IceWall Federation Agent Version 3.0」(以下、HP IceWall Federation Agent)
のHP IceWall Federation製品2製品と安価に大規模認証処理を可能にするオープンソースの「Hadoop」を利用した、世界初のソフトウェアモジュール
 ・「HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリ」
の合計3製品で、「HP IceWall Federation」と「HP IceWall Federation Agent」は本日から、「HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリ」は12月から販売を開始します。




<今回発表の新製品>

製品名 価格販売開始日
HP IceWall Federation Version 3.0 
 
 
1接続ライセンス(本番系) 2,520,000円
(税抜2,400,000円)
11月25日
1接続ライセンス(開発系)  630,000円
 (税抜600,000円)
11月25日
接続数無制限(本番系)12,600,000円
(税抜12,000,000円)
11月25日
接続数無制限(開発系)3,150,000円
(税抜3,000,000円)
11月25日
【アカデミックユーザー向け】  
11月25日
1接続ライセンス(本番系) 1,680,000円
(税抜1,600,000円)
11月25日
1接続ライセンス(開発系) 420,000円
(税抜400,000円)
11月25日
HP IceWall Federation Agent Version 3.0 1,365,000円
(税抜1,300,000円)
11月25日
HP IceWall SSO 10.0 Hadoop接続ライブラリ 「HP IceWall SSO」購入者に無償提供 

12月中旬

<「HP IceWall Federation」の特長>
「HP IceWall Federation」は、各種パブリッククラウドの認証システムやMicrosoft Active Directory フェデレーションサービス(AD FS)との連携により、事前検証を必要とせずに容易にクラウド間の認証連携を可能にする製品です。パブリッククラウドでは、当初、Google AppsとSalesforceに対応し、今後順次拡大していきます。また、本日発表のHP IceWall Federation Agentからユーザー属性の送信を受け、認証連携を行うことができ、独自の認証連携の仕組みを持たないシステムにも認証連携の機能を提供します。

<「HP IceWall Federation Agent」の特長>
「HP IceWall Federation Agent」は、SAML V2.0のプロトコル通信を前提としたService Provider機能をWebアプリケーションに提供するエージェントモジュール製品です。「HP IceWall Federation」を始めとする認証連携製品との組み合わせによりクラウド間の認証連携を実現します。「HP IceWall Federation Agent」を各クラウドサービスに導入するだけで、他サイト(Identity Provider)へ認証を委ねることが可能になり、自身で認証機能を持つ必要がなくなります。

<「HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリ」の特長>
「HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリ」は、オープンソースの大規模分散処理プラットフォーム「Hadoop」の分散ファイルシステムを使用するデータベース「HBase」との接続を可能にする認証連携モジュール製品です。「Hadoop」「HBase」ともにApache Software Foundationによってトップレベルプロジェクトの位置づけで開発されているソフトウェアで、数千ノードにおよぶクラスタ構成でも直線的にスケールし、世界規模の大手検索サイトやSNSサイトのエンジンの一つとして採用された実績があります。
従来、大規模認証基盤の認証データベースにはRDBが推奨されていましたが、サーバーのクラスタ化や共有ディスクの増設などスケールアップ型の拡張が必要となり、多大な作業負荷とコストが課題となっていました。これに対して、「Hadoop」「HBase」はオープンソースであり、かつ接続では、認証データベースを限りなく直線的にスケールアウトさせることが可能となり、大幅な可用性、運用性の向上とコスト削減を実現します。

なお、「HP IceWall SSO 10.0 Hadoop 接続ライブラリ」と同時に、本年12月より「Hadoop 設定管理製品」を無償提供するとともに、「Hadoop 構築サービス for HP IceWall」および「Hadoop 保守サービス for HP IceWall」を有償で提供開始します。さらに、「Hadoop ID管理製品」を今後提供する予定です。日本HPでは、「Hadoop」を活用した認証管理ソリューションの拡充を図ることで、クラウドとの接続拡大やステークホルダーの急増にともなう大規模認証基盤へのニーズの高まりに対応します。

■HP IceWall Federation、HP IceWall Federation Agent、HP IceWall SSO 10.0 Hadoop接続ライブラリに関する製品情報http://www.hp.com/jp/IWFed_PR

■日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/



#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター   TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上 ご覧ください。