プレスリリース: 2011年01月26日

HP が新しいエンタープライズ・クラウド・サービスでクラウドの導入を加速

リスク管理しながら俊敏性をもたらす新クラウドサービス

- リスク管理しながら俊敏性をもたらす新クラウドサービス -


2011年1月26日

日本ヒューレット・パッカード株式会社



日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一) は、企業が多額の出費をせずに、必要なだけITリソースを活用することが可能となる新クラウドサービス「HP Enterprise Cloud Services-Compute(以下、HP ECS)」を本日発表しました。 「HP ECS」は、 HPの最新鋭データセンターから「サービスとしてのプライベートクラウド」を提供します。サービス、処理性能、セキュリティ、プライバシーに関して締結されたサービスレベルで管理され、拡張性の高いIT容量を備え、迅速に導入可能で安全なコンピューティング環境をお客様に提供します。

「HP ECS」 は、企業に固有なITニーズを迅速に満たすことができるように高いセキュリティ環境下でITリソースを提供します。サーバー、ストレージ、ネットワーク、セキュリティのリソースをサービスとして提供し、企業は、中核となるアプリケーションやプロセスを実行するために必要なサービスに対してのみ料金を支払うという従量課金を実現しています。HPエンタープライズサービス事業の提供する最新のデータセンターからリソースが提供されるため、企業は、厳重なセキュリティ環境とプライバシーポリシーは確保されていると確信を持ってサービスを活用できます。

HPのHybrid Deliveryを実現するひとつの要素である「HP ECS」 は、企業がInstant-On Enterpriseとなることを支援する主要なソリューションです。Instant-On Enterpriseになるためには、イノベーション(革新)の時間を短縮できる柔軟なITサービスデリバリーモデルが必要となります。企業は、「HP ECS」により、ITに必要な機器の購入、導入、維持を行うのではなく、また資本投資や調達・設置の負担を負わずに、ITリソースを高いセキュリティ環境下で柔軟なクラウドサービスとして活用できます。

最近実施したHPの調査 では、企業、政府、テクノロジー業界のエグゼクティブは、2015年までにITの46%がプライベートとパブリックのクラウドで提供されると確信していることを示しています(1)。クラウドサービスを企業のIT環境に安全に取り込むことにより、従来型ITサービスとプライベートクラウドとパブリッククラウドのハイブリッド(混在型)な環境となっていくことが予想されます。

HP Converged Infrastructure 環境下で稼動する「HP ECS」 は、ビジネスニーズに対応するために、インフラストラクチャ(サーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェア、セキュリティ)が最適化されて効率の良いリソース・プールにまとめられていて、アプリケーションはより効果的・効率的にインフラストラクチャを共有・活用できます。この結果、アプリケーションの可用性が向上していくことになります。重要なビジネス機能をサポートするアプリケーション、たとえば、サプライチェーン データベース、電子メール、セールスポータルなどは、処理量の変化や最大ピーク時処理要件により需要が大きく変化しますが、「HP ECS」の柔軟で迅速なインフラストラクチャにより、その変化に追従できるサービスを提供できます。企業は、業界最高のリソースを活用することにより、時間のかかる資金調達活動やシステム導入を経ないで、新たな商品やソリューションの市場投入を迅速化できます。

各業界のリーディング・カンパニーは、ITで必要な要件全てを1つのサービスデリバリーモデルで網羅することはできない、ということを熟知しており、そのために、ハイブリッド環境が存在します。HPは、企業が、自社の環境に最も適したサービスデリバリーモデルを選ぶ支援をします。HP Hybrid Delivery の主要要素である「HP ECS」を選んだ場合、企業はHPの提供するクラウドサービスを活用する、ことができます。

「HP ESC」の日本での販売開始は今年の夏以降を予定しています。


(1 )  Research:The Instant-On Enterprise, EnterprisParkes Research Ltd., 2010年10月。


■日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/ 


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター   TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上 ご覧ください。