プレスリリース: 2011年04月06日

仮想化環境への対応を大幅強化したデータ保護ソフトウェアの最新バージョンを発表


- 複雑化する物理/仮想混在環境におけるバックアップ、リカバリのシンプルな運用を実現 -


2011年4月6日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、先進的なバックアップ、リカバリ環境の構築を実現するデータ保護ソフトウェアの最新バージョン「HP Data Protector software 6.2」(以下、HP Data Protector)を発表します。今回の最新バージョンでは、仮想化環境への対応を大幅に強化するとともに、物理/仮想混在環境におけるバックアップ、リカバリのシンプルな運用を実現する管理機能を提供します。また、ライセンス体系も、お客様のシステム環境に合わせて柔軟に対応できるよう変更し、さらなるTCO削減に貢献します。

昨今、企業では、業務の効率化やコスト削減、既存IT資産の有効活用などを目的として、仮想化環境の導入が急速に進んでいます。その一方で、仮想マシンの増加にともない、物理/仮想混在環境におけるバックアップはさらに複雑化し、運用管理の負荷増大やバックアップ漏れなどが大きな課題になりつつあります。

「HP Data Protector」の最新バージョンでは、こうした課題を解決するため、仮想化環境への対応を大幅に強化しました。新機能の「ワンクリックプロテクション」により、すべての仮想マシンの情報を一覧表示し、1回の設定だけで簡単にVMwareのバックアップ設定を完了することができます。また、「VMware vStorage API for Data Protection」に対応し、仮想マシンの効率的なバックアップおよびリカバリを実現します。さらに「Granular Recovery Extension(GRE)」の仮想化対応を拡張し、VMware上の個別ファイルごとのリストアが可能になりました。

仮想化環境におけるバックアップ運用の効率化としては、1つの画面で物理/仮想マシンからストレージ、アプリケーションまでを一元管理できるシンプルな管理画面を提供し、ワンクリックでのバックアップ、リカバリを実現します。特に今回、異種ハードウェアへのリストア機能、およびLinuxに完全対応した拡張自動障害復旧機能(EADR)の提供により、災害復旧への対応を強化しています。また、「Microsoft Exchange 2010 Data Availability Group(DAG)」との連携によるシンプルなアプリケーションバックアップを可能にしたほか、ゼロダウンタイムバックアップ(ZDB)機能やインスタントリカバリ機能も拡張しています。

「HP Data Protector」は、無制限のクライアントライセンスを提供することで、物理/仮想サーバーの台数やCPUコアの増加に影響されない独自のライセンス体系を採用しています。最新バージョンでは、お客様のシステム環境に最適化したバックアップ環境を構築できるよう、より柔軟なライセンス体系になりました。基本ライセンスはスターターパックで、管理サーバーのプラットフォーム別に使用権が設定されます。


今回発表の新製品

製品名 価格提供開始日
HP Data Protector software 6.2
スターターパック使用権(Windows版)
187,950円
 (税抜179,000円)
4月6日
スターターパック使用権(Linux版) 187,950円
(税抜179,000円)
4月6日
スターターパック使用権(HP-UX/SAN版)703,500円
 (税抜670,000円)
4月6日


<「HP Data Protector software 6.2」の特長
●仮想化環境への対応を大幅強化
・新機能「ワンクリックプロテクション」を提供します。動的に変化する仮想マシンのすべての情報を一覧表示し、1回の設定だけで、簡単にVMwareのバックアップ設定を完了することができます。これにより、複雑化する仮想化環境全体を把握し、仮想マシンのバックアップ漏れを防止します。
・「VMware vStorage API for Data Protection」に対応し、変更ブロックのトラッキング(増分バックアップ/差分バックアップ)や、仮想マシンのバックアップ/リカバリの並行実行機能により、仮想マシンの効率的なバックアップおよびリカバリを実現します。
・「Granular Recovery Extension(GRE)」の仮想化対応を拡張し、VMware上の各アプリケーションの個別ファイルごとにリストアが可能になりました。

●よりシンプルなバックアップ、リカバリ運用を実現
・バックアップ対象となる物理/仮想マシン、ストレージ、アプリケーションまでを一元管理できるシンプルな管理画面を提供します。この管理画面から、ワンクリックでバックアップ、リカバリを行うことができます。特に、今回は災害復旧への対応を強化し、異種ハードウェアへのリストア機能や、Linuxに完全対応した拡張自動障害復旧機能(EADR)を提供します。
・「Microsoft Exchange 2010 Data Availability Group(DAG)」と連携し、DAG向けにワンタイムバックアップポリシーを設定することができます。これにより、シンプルなアプリケーションバックアップを可能にしました。
・ゼロダウンタイムバックアップ(ZDB)機能を拡張し、HP 3PAR、HP StorageWorks P2000、EMC CLARiiON、Network Applianceに対応します。
・インスタントリカバリ機能を拡張し、HP StorageWorks P4000のインスタントリカバリをサポートしました。

システム環境に応じた柔軟なライセンス体系
一般的なバックアップ・ソフトウェアでは、サーバー台数やCPUコアの増加に比例してライセンス費用が増加していくため、導入費用が高額になりがちです。これに対して「HP Data Protector」は、無制限のクライアントライセンスを無料で提供し、物理/仮想サーバーの台数やCPUコアの増加に影響されない独自のライセンス体系を採用しています。今回の最新バージョンからは、基本ライセンスはスターターパックで、管理サーバーのプラットフォーム別に使用権が設定されます。これにより、お客様のシステム環境に応じて最適化したバックアップ環境を構築することが可能となり、さらなるTCO削減に貢献します。

■Data Protectorの詳細については、以下のURLを参照ください。 
www.hp.com/jp/dataprotector

■日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター   TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上 ご覧ください。