プレスリリース: 2011年05月26日

HP Cloud Service Automation 2.0を発表

ハイブリッドクラウド環境におけるITリソースの自律的制御と管理で、最適なITサービスの提供を実現

- ハイブリッドクラウド環境におけるITリソースの自律的制御と管理で、最適なITサービスの提供を実現  -


2011年5月26日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、プライベートクラウド、パブリッククラウドが混在するハイブリッド環境におけるクラウドサービスの構築、管理を自動化するソリューション「HP Cloud Service Automation2.0(以下、CSA2.0)」を発表、その中核となるHP CSA Foundation Server softwareを6月1日から販売開始します。

ITコストの抑制、急速の変化するビジネス環境への迅速な対応、事業継続性の担保などを目的として自社でITを所有するだけではなく、クラウドサービスを含めてITリソースを調達することが一般的になりつつあります。こうした様々なITの所有形態が混在するハイブリッドクラウド環境においては利用者のITリソース要求を適切に管理することが必要です。適切な管理ができないと例えばプライベートクラウドにおけるリソース不足や非効率な活用や、際限なくパブリッククラウドのサービスを購入しなくてはならないなど企業全体としてのコスト増大を招く可能性があります。

CSA2.0は、マルチベンダー環境でのネットワーク、サーバ、ストレージ、アプリケーションのプロビジョニングを行うことができることに加え、ハイブリッドクラウド環境におけるITリソースの管理、制御を通じて最適なリソース調達を可能にするソリューションです。利用者からのITリソース要求は、CSA2.0のサービスポータルから一元的に管理することができ、パブリック、プライベートクラウドにまたがった複数のITリソースのオーケストレーションを適切かつ自動的に行うことにより、最適なコストでのサービス提供を可能にします。



今回発表の製品

製品名 価格販売開始日
HP CSA Foundation Server software5,880,000円
 (税抜5,600,000円)
6月1日

CSA2.0の詳細について
CSA2.0の主な特長は以下の通りです。

セルフサービスポータルによるサービス提供窓口の一元化
利用者からのクラウドサービスの利用を一括で受け付け、利用レポートを提供するポータル機能により、利用者の利便性を高めるとともに迅速なサービス提供を可能にします。 
 
インテリジェントなITリソース管理
ビジネスのポリシー、コンプライアンス、コストおよび求められる処理性能に基づき、自律的かつ適切にコンピュータリソースを制御することにより、ITリソースの利用率を高め、コスト削減に貢献します。

テンプレートを活用したクラウドサービスのライフサイクル管
ベストプラクティスに基づいた豊富な連携テンプレートを活用することにより、プライベートおよびパブリッククラウド上のサービスの提供から終了までを自動的に実行し、迅速で最適なクラウド環境構築が可能となります。

■日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/




#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター   TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上 ご覧ください。